よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどをメインページに掲載しています。

16日の三ツ沢には、横浜市水道局のはまピョンが来ました。
ハーフタイムにだけ現れました。
キャラ:はまピョン

おぼつかない足取りで、脇を支えられるようにしながら、ピッチを1周…と思いきやバックスタンドのハーフラインで引き返し、戻ってしまいました。
うーん水道局のアピールになったのかな?

確かに1周は持たないように見えたので、もう少し工夫がいりますね。
(工夫の中身は大人の事情によるところかな

今日は衆議院選挙が公示されましたが、すでに近所では先週、解散されてない段階でポスターの掲示板が設置されていました。

もともと任期満了が近いので選挙の準備はしていたのでしょうが、投票日も決まってないのに気が早いです。

そのため掲示板には左隅の枠に投票日が入ってませんでした。
選挙掲示板

時間は書いてあるのに日付が無いのもなんか間抜けです。

後半戦初の観戦です。
大量補強した外国人選手も初めて見ます。

横浜FC 5-3 徳島
F得点:松尾、サウロミネイロ2、高木、渡邉

先発:3-4-2-1
FW:ミネイロ
MF:松尾 ジャーメイン
MF:武田 瀬古 安永 マギーニョ
DF:ガブリエウ 高橋 岩武
GK:ブローダーセン
終了時:3-4-2-1
FW:渡邉
MF:松浦 シウバ
MF:高木 瀬古 安永 前嶋
DF:ガブリエウ 高橋 岩武
GK:ブローダーセン

前半、少ないチャンスを確実にモノにして、松尾の鮮やかなミドル、サウロミネイロのスルーパスを受けての2ゴールと3点を取り、2点差で折り返します。

前半の2点差をすんなり逃げ切れないこの2年ですが、この日もそんな感じで一旦追いつかれます。

追いつかれる直前に準備していた高木が入りますが、ファーストタッチからドリブルで持ち込みミドルをぶち込んですぐに逆転!
試合風景:211016

これがJ初ゴールともなりました。

後半ATに渡邉がGKが飛び出してガラ空きのゴールに遠目から蹴り込んでダメ押しの5点目!

ガラ空きの中へのシュートは結構外しがちですが、さすがの落ち着いたシュートでした。
やっぱり接戦を勝つときは、交代選手が活躍しますね。

残留へ負けられない、結果がすべての試合でしたのでこれでいいのですが、にしても大味でしたね(笑)。
観戦した中では、3点取られて勝ったのは2000年以来でした。

MVPも誰にするか難しい試合でしたが、サウロミネイロにしました。

なお終わって出ようとすると、なぜか出口で洗剤を配布していました。
入場の時に配るのはありがちですが、勝利ボーナスだったんでしょうか。

徳島戦観戦通算:4勝0敗3分

観戦一覧

五輪時の横国、ハマスタの様子を載せてきましたが、無観客のさみしい姿でした。

五輪に関しては、もともと何か観戦するのはチケットの価格が高いし、そもそも当たるか分からないし、その日行けるかも分からないので、早起きしてマラソンくらいかな、と思ってました。

でもそのマラソンが札幌になり、じゃあ聖火リレーと、どこか会場周辺の賑わいでも見に行くか、と思ったら今度は新型コロナ。

1年延びた挙句、無観客開催で結局、市内の会場を見るだけと。
なんだかなあ

5日に書いた横国の五輪ネタに続き、今度はハマスタです。

同じ日に横国からハマスタへ移動。
関内駅から球場へ向かおうとすると、駅を出てすぐの交差点で早くもバリケードがあって、それ以上近寄れませんでした。

仕方ないのでギリギリのところから撮影です。
ハマスタ五輪

ウイングシートができてから初めて来たので、なるほど外からはこうやって見えるのかと。

壁に野球とソフトボールのピクトグラムが描いてあり、五輪らしさを出そうとしているものの、両方がはっきりと見える場所はありませんでした。

球場(横浜公園)の周囲は一応一周できたので歩いてみましたが、これといって注目するようなところもありませんでした。

この時はソフトボールの試合中で、たまに場内アナウンスは聞こえましたが、はっきり聞き取れるわけでもなく、知らなければ中でなんかやってるな、程度の感じでした。
(2021/7/26)

今日はプロ野球のドラフト会議が行われました。

ネット上ではカープの5位指名、松本竜也の名前が某元選手と同姓同名であることをネタにしている人が多いようですが、この名前を聞いて、あれもしかして、と思いブログを見返しました。

2016年のセンバツの時にすでにこの名前に気づき、2016/4/2にブログに書いてました
この時はまだ下級生で控えでしたが、プロになれるところまで伸びてきていたんですね。

名前で言えば、昨年育成で阿部、岡本、坂本勇人を指名したジャイアンツが菅野や亀井とかを指名することを期待していたのですが、さすがにそんなうまいことにはなりませんでした(笑)。

↑このページのトップヘ