よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログ記事を内容ごとにまとめたリストをサブブログに、ブログで記載の難しいデータなどを資料室に掲載しています。

鳴子の旅の3日目、新庄から山形へ移動し、荷物をコインロッカーに預けるため一旦改札を出ます。
コンコースにはJ2の試合告知の横断幕が。
山形試合案内(2022年)(2022/7/30)

この日がちょうど試合の日で、相手は町田ですが、以前も見たような。
というのも、2012年に来た時も次の試合が町田でした。
山形駅コンコース(翌日)(2012/8/13)

10年の時を経て、なかなか面白い偶然です。

26日夜にツイッターでおすすめを表示したところ、先頭2つの単語が本ブログ的にまさかの並びになっていました。
ツイッターFG

「ジャイアンツ」と「横浜FC」です。
表示が時々刻々変わる中でこれを見れたのは奇跡的かも。

「ジャイアンツ」はテレビでアイドルがジャイアンツのことを言ったので出てきたらしく、「横浜FC」は応援メンバー募集のツイートに反応が大きかったようです。

なお応援メンバー募集に関しては、ベストの方法かは分かりませんがベターだと思って開幕戦を待ちたいと思います。

20日に、今年の横浜FCの日程が発表になりました。
今年のアウェイ観戦は、…日程的に合わなそうなので今年はないかな。

日程表をいつも印刷しているのですが、近年は公式サイトの表をそのまま印刷しようとしても文字が小さい、色が薄い、無駄な空白が多い、等々で読めたものではなく使えません

スマホの壁紙用の画像はマシですが、リーグ戦だけでルヴァン杯の日程が入ってないのでやっぱりダメ。

ということで、chromeでいうところの右クリック→検証でレイアウト編集可能にして、CSSを書き換えるなどしてマシな表示に変えてから印刷しています。

これで元はA4で4枚分だったものを何とか2枚分までコンパクトにしました。

鳴子の旅の3日目、新庄で乗り換えの待ち時間に、陸羽西線の代行バスを見に行きます。

改札前のLED案内も代行に対応していて、のりばは本来数字を出すところが「西口」と小さい字で頑張って表示されていました。
代行バス駅表示

駅前のバスターミナルで実際の代行バスを見学。
バスは長距離仕様のものでした。
代行バス

正面窓に紙で代行バスであることが表示されています。
代行バス拡大

ちなみに前回載せた30年前に新庄に来たときは、陸羽西線の列車に乗って来ていました。
(2022/7/30)

17日のGKに続き、横浜FCベストイレブンのDFの変遷をまとめます。
こちらも2015年からです。

2015年:中島、野上、パク、市村
2016年:田所、西河、大崎、市村
2017年:田所、西河、ヨンアピン、小宮山
2018年:田所、ペ、ヨンアピン
2019年:武田、伊野波、ヨンアピン、北爪
2020年:志知、袴田、小林、マギーニョ
2021年:高木、袴田、韓、前嶋
2022年:亀川、ガブリエウ、岩武、中村拓

3バックは2018年の1度だけになっていますが、ここ2年は3バックが基本ながら選ばれたメンバーの都合で4バックの形になっています。

2015年に中島が入っていますが、これが6回目の選出で、他ポジションを含め最多タイになります。
(他に小野信、佐藤謙が6回)

今年は総入れ替えになりましたが、2014年に一度まとめたときにも書いた、全体に入れ替わりが激しい傾向は変わっていません。

鳴子の旅の3日目、快速〔湯けむり号〕の着いたホームからの新庄駅構内です。
新庄ホーム(2022/7/30)

新庄駅に降り立ったのは約30年ぶりですが、その時はまだ山形新幹線のできる前で、狭軌側の行き止まりのホームや、ホーム上の大きな構造物などはなく、すっかり様変わりしました。

その30年前の写真です。
新庄ホーム(1992年)(1992/8/2)

今回と同じく、新庄から山形へ向かいましたが乗ったのは写真の快速〔月山4号〕です。

構内はごく普通のホームで、発車案内も幕式のものです。

↑このページのトップヘ