よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどを資料室に掲載しています。

1月に、本ブログの一番下に、背景だけ表示されている1行分程度の隙間ができているのを見つけました。
PC版だけでなく、スマホ版もでした。

何が起きているのか調べたところ、ライブドアブログ側で自動挿入される広告系のタグが高さ19pxほどで設定されていました。
このタグ、多くの他のブログでは0pxになっていて、隙間ができていませんでした。

おそらくこれまでは本ブログでも0pxで問題なかったと思われますが、これはライブドアブログ側に直してもらうしかないと問い合わせました。

で、その回答は「できません」。

ウソつけ、他のブログでできているんだからできないわけないだろ

ただ、問い合わせの中で他のブログでは0pxだと書いたので、回答の中に「0pxになっているブログを教えてくれ」とあったので、例を挙げて送信しました。

すると、その2日後には本ブログの隙間が無くなっていました。

やっぱりウソだったか!

ろくに調査もせずに回答したな。
しかも直したことは連絡ないし。

以上、手抜きカスタマー対応でした

4日に突然「エリートリーグ」への参加が発表され、おとといその第1戦がありました。

そもそもエリートリーグって何だ?というところで説明文は見たのですが、どういう試合かを見たほうが早そうなので、試合後にスタッツを確認。

見る限り、要は一部年齢縛りのあるサテライトという感じですかね。

2種登録されていないユース選手が仮の背番号で出場もしていました。

若い選手に機会、で思い出したのは2018年の「Jリーグ育成マッチデー」。
この時は参加表明したものの試合はやらずじまいだったのですが(2019/1/10記事)、今回はその二の舞とはならなそうです。

J2も開幕して3週間となりますが、今年の横浜FCはスローガンは設定しないんですかね?

例年ならすでに発表され、マッチデープログラムや動画にスローガンのロゴが載るのが当たり前になっていましたが、それも確認できません。

特になくても戦える、といえばそうなんですが

あるいは昇格が現実味を帯びてきたら、突然そこへ向けてのフレーズがなんか出てきたりするとか?

先日、新しいキャリーバッグを買いました。

これは、今まで使っていたキャリーバッグの内側が経年劣化でひび割れしてきたためです。
ということで、一区切りということでそのバッグを記念撮影。
キャリーバッグ

約25年前に買ったもので、外側は布地、キャスターは2個という今ではなかなかない仕様です。

ちなみに新しいのは外側がポリカーボネイト、キャスターは4個という最近の一般的なタイプです。

室内で物を入れておくだけならまだ使えるので、何かには使おうかと思ってます。

6日の試合では、山下が素足の右足でシュートを放ち決勝ゴールを決め、横浜FCは開幕3連勝となり、いいスタートを切りました

その試合、スタメン発表では登録上4-4-2でしたが、メンバーがそのまま4バックとも思えず、さらにMFで高橋もいたのでどういう組み合わせか?ということでJリーグ公式サイトの予想フォーメーションを見てみました。

すると、高橋をセンターバックにした4-4-2で、まああり得るかな、というところでしたが、いざ試合が始まると速報で3-4-2-1とあり、3バックの顔ぶれにも変化はなく過去2戦と同じシステムでした。

試合が終わって監督コメントを見ようと再びアクセスすると、予想フォーメーションが実際の3-4-2-1に書き換えられていました。

おいおい…、完全な後出しジャンケンだな
予想になってないだろ。

昨年も的外れな予想をしたことがあり(2021/6/21記事)、こんなことするくらいならもはや載せるべきでないのでは?

2/19の開幕戦の前に、横浜銀行アイスアリーナに立ち寄りました。
アイスアリーナ

ここは冬季北京五輪でメダルを獲得したフィギュアスケート・鍵山の拠点なので、何かあるかなと思って来てみました。

で、結果としては、窓にお祝いのメッセージが。
鍵山祝福

紙で手作り感満載のメッセージでした。
横浜銀行がお金かけてくれてもっとすごい垂れ幕とかも期待したのですが、時間的余裕もなかったでしょうか?

ちなみに鍵山は団体での胴も取っていますが、そこには触れていません(笑)。

ここは小学校から徒歩10分くらいで来れるので、子供の頃に何度か滑ったことがあり、今でも頭の中では名前は「神奈川スケートリンク」のままです。

ここがまさかメダリストの使うようなところになるとは思っていませんでした。
かつて一時的に羽生も使っていましたし。

もっとも当時からは改築されているので、中も当時の面影とかはないでしょうが。

横浜の風景

↑このページのトップヘ