先日、映画館で「シン・ウルトラマン」を見てきました。

普段、映画は全く見ない、というより自分でお金を払って映画館に入ったのは人生で初めてです。

映画館に入ったのも、たぶん34年ぶりです。
まだ映画がメインの作品と、抱き合わせの作品を同時上映とうたって流していた頃です。

シン・ウルトラマンのほうは、テレビシリーズのウルトラマンのイメージを損なわず、オマージュを取り入れながらの期待を外れることのない内容でした。

ちょっと内容を詰め込み過ぎて展開が早すぎかな、という気はしましたが。

ただ、上映開始とされた時刻から15分近く延々と他の見たくもない映画の予告編を流されたのは不快でした
おそらく、どの映画でもこんな感じなのでしょうが。

次に映画館に行くことがあるとしたら、たぶん次のウルトラマンが作られたときくらいでしょう。