夏の移籍期間が終了しましたが、横浜FCの動きは特徴が出てますね。

放出の4人は守備寄りの選手ばかりで、戦術的に起用の取捨選択が進んだ結果かなと。
ただ今後アクシデントがあったとき、本当に選手が足りるのかは少し不安ですが。

逆に加入は3人が攻撃寄りで、守備は1人のみと、チーム編成が前によりシフトしています。
このチームはそういうチームだ、というメッセージということでいいんですかね。

また、ただでさえ多い外国人をさらに2人も取っており、どこまで使いこなせるでしょうか。
2人とも若いので、もう来季を見越してるのか、あるいは何らかの裏事情があるのか