往路に続き、テレビ観戦してのもろもろです。

7区までは順大がうまく逃げるかと思っていたら、8区での脱水症状によるブレーキで大きくレースが変わってしまいました。

それで1位にたった駒大が代わりに逃げるのかと思ったら、今度は亜大が来て、なんとそのまま優勝
2位には往路の勢いを持続した山学大。
しょせんモグスのいる往路だけで、復路はシード争いかと思っていたので、この走りは見事でした。

終わってみれば、1位亜大、2位山学大なんて誰が予想したでしょう
ついでに復路優勝が法大ってのも意外ですし。

駒大は10区がブレーキになってしまい、結局有力校は皆ブレーキに泣かされました。
全員がしっかりつないだ亜大が優勝というのは、駅伝の原点を思い起こさせる勝利ですね。

箱根駅伝テレビ観戦