入れ替え戦で神戸もJ1に上がることになりました。神戸と福岡は監督が互いに相手チームの元監督という因縁対決でしたが、神戸の監督は今期もともとはバクスター氏でした。

9月にチームをまとめてきたバクスター氏が抜け、まだあまり神戸のことを知らない松田監督になったことで、どこかでつまづいたら一気にガタガタといくのではないかと密かに期待していたのですが、それはありませんでした。というのも、実質の指揮を執っていたのはペドロヘッドコーチで、松田監督は形式上だったというのをあとで知りました。

神戸がつまづいたのは皮肉にもバクスターが再来日した直後からですが、バクスター氏ってその後再帰国しているんですね。そのあげくペドロ氏も入れ替え戦を前に休養に入ってしまいました。これって自動昇格できなかった責任を取ったんですかね。

とうとうベンチには松田監督しかいなくなり、ようやく松田采配となったようです。リーグ戦終盤と入れ替え戦あわせて8試合勝ちがないのに昇格できるなんてツキがありますね。