3日に、6年ぶりとなる箱根駅伝の沿道応援に行きました。

10区に大学長距離界のエース、明大・鎧坂が走るということで鶴見中継所の少し大手町寄りで待機しました。

そのそばには、写真のグッズを販売する仮設テントもありました。
駅伝:鶴見

鎧坂を見送ったあとは、中継所の裏に回り、引き上げてくる9区の選手を見てきました。

中位のチームの選手は自力で歩いてまだ若干の余裕を残して引き上げてきましたが、下位に行くにつれ、その表情が変わってきます。

肩を担がれる選手、自力で歩けない選手、繰り上げスタートで襷をつなげず泣き崩れる選手、ボンベで酸素吸入される選手…。
駅伝:9区走者

ちなみに写真のように、テレビカメラもいましたが、後で見たら選手をアップで撮っているので自分の姿は全然映ってませんでした。