今年2度目の2軍戦。
初めてジャイアンツ球場の照明を使った中での観戦です。

ジャイアンツ 0-6 マリーンズ
(イースタン)

勝:西野、負:松本竜、G本塁打:なし

G先発メンバー
1[左]隠善
2[遊]丸毛
3[右]大田
4[二]中井
5[一]田中大
6[三]山本
7[指]円谷
8[捕]市川
9[中]和田
[投]東野
試合風景(120714)

先発は東野と西野、ということで東西対決(笑)。

いい加減結果を出したい東野でしたが、まだ迷いがあるようで、無走者時にセットではなくノーワインドアップから投球してました。

とにかくちゃんと投げてくれればどちらでもいいのですが、2回に走者を出し、さらにボールカウント2ボールというところで突然降板。
おそらく何らかのアクシデントですが、翌日になってもどこも報道せず
さらに1軍が遠のきました。

そのあとジャイアンツ投手陣は四球連発で、計11四死球と大荒れ。
さらに2エラー、攻撃でも走塁死ありと負けるべくして負けた試合となりました。

3番手でドラフト1位の松本竜が登板し、注目でしたが1死しか取れずに降板、負け投手となりました。
ここはまあ、経験ですね。