現在、メインページ側のHTMLをHTML5に順次切り替えていますが、先日妙な現象が発生しました。

テキストエディタ(terapad)で書き換え後、ブラウザで表示させると最後に余計な文字が表示されていました。
エディタ上では書かれていないのに、ブラウザだと表示されており、何だこりゃ?ということでエディタで開き直すと確かに余計な文字がありました。

ただ、これを消して保存しても、開き直すとまたついています。
理由がもはや分からないので、エディタを再インストールしたところ、バージョンが1つ上がっていたこともあるのか、とりあえず直りました。

使っていたエディタはタグを認識して色を変えて表示する機能があるので、HTML5で書くと発生するバグがあったのかなと。