恒例の、テレビ観戦してのもろもろです。(敬称略)

往路前半を盛り上げたのは神大です。
2区では鈴木が終盤もタイムが落ちない見事な走りで区間賞を取り、トップに立ちました

ただ、青学大としては神大が前にいる分には怖くなかったと思われ、3区で逆転し、そのまま往路優勝となりました。

途中は昨年を思わせる走りでしたが、終わってみると早大が33秒差の2位と意外と接近し、明日の復路への楽しみを残しました。

5位に終わった駒大は、4区に万全でない中谷を起用したことが結果的に裏目に出ました。
いつもはきつい檄を飛ばす大八木監督が途中、1kmで4分近いスローペースでの走りにもかかわらず「それでいいよ」と気遣うくらいでしたから、かなり状態が良くなかったのでしょう。

あと、位置が変わった小田原中継所は、結局元の鈴廣前の駐車場でしたね。