昨日の試合で、ジャイアンツ・坂本が面白いプレーを見せました。
以下、昨日の報知の記事より。

4―0の4回無死一塁。
ビシエドが初球を二塁ベース付近に打ち上げた。
誰もがショートフライと思ったが、ビシエドが下を向いて走っていないのを見た坂本勇はわざとノーバウンドで捕球せず、ワンバウンドで捕球。
二塁ベースカバーに入った中井にトスした。
ビシエドは慌てて走り出したが6-4-3でダブルプレーとなり、一気に2死走者なしとなる大きなプレーとなった。

記録上、ショートゴロ併殺打…、かと思ったらまさかの発表が。

なお、このプレーは守備側から見れば併殺だが、ビシエドに併殺打は記録されず、遊ゴロとなることが公式記録から発表された。

6-4-3で併殺打じゃないって、そんな記録のつけ方あるのかと、プレーそのものよりこちらの方が驚きでした。

6-4-3で一塁手がエラーして併殺打はつくけど併殺はつかない、があるのは知ってましたが、まさかその逆がありうるとは。