京急新線の600形改造に購入したGMの京急600形キットには、おまけで初代600形の正面パーツも入っていました。

N:600形キット先頭
[左:初代600形、右:2代目600形]

しかし初代は車体が2代目と全然違い、説明書でも初代を作るには別キットの車体と屋根を使えとなっていて、使えるようで使えないパーツです。

あるとすれば、初代は500形新製時と正面は同形状なので、2代目のボディをそれらしく切ってBトレ風に仕上げる、といったくらいでしょうか。
それでも張り上げ式でない屋根を調達しないといけないので、かなりハードルは高い…。

京急新線・車両関連