根室の旅の3日目は、最東端の納沙布岬へ向かいます。

途中には北方原生花園があるので寄ってみましたが、前日の霧多布原生花園と同じような感じで花もなく、ただの草原という感じでしたのですぐに引き上げました。

ということで納沙布岬に着いて、駐車場近くの展望台へ。
納沙布岬碑

観光地によくある、地名の書かれた標柱が立っていましたが、先頭に「返せ北方領土」と書かれているあたりが他の岬と違うところです。

そして海には、ちょうどコンブ漁を終えた漁船が集団で帰港するところが見え、ボートレースか、父島での地元民の見送り(2010/3/26記事)かという光景でした。
コンブ漁船群

大半は根室へ行くと思われますが、数隻は展望台近くの浜辺にとまり、そこでコンブの水揚げをしていました。

なお後方に見える低い陸地は、北方領土(水晶島)です。
(2018/6/16)