昨日は2006年以来となる、とどろきアリーナへ。
Bリーグの川崎-三河戦です。

2006年の時もバスケットで、東芝-アイシン戦でしたが、実質同じチーム同士の対戦となりました。

試合は川崎が終始圧倒し、93-67で勝利。
最後は点差がついたので、最後川崎は先発の5人が全員ベンチに下がる余裕(しかも川崎はプレー可能な控えが5人しかいないのに)でした。

試合中の珍プレーは、川崎の3Pシュートが外れ、そのままリング脇に挟まったところです。
ボール挟まり

この後は川崎ボールで再開でした。
挟まるとそのままボール保持というルールなのかと思いましたが、あとで調べたらジャンプボール扱いで、実際はジャンプボールせず交互にどちらかのボールになるんだそうです。

さて川崎は今シーズンからDeNAが運営元となり、マスコットも変更になりました。
ロウル

ベイスターズと同様、小動物風のかわいいキャラに変えてきましたね。
ここはDeNAの戦略ないしは趣味でしょうか。
(2018/12/29)