昨年3月に粉瘤の処置をしましたが(2019/4/20記事)、その後再び膿がたまってきたようなので、粉瘤そのものを除去することにしました。

粉瘤の除去は「手術」にあたるということで、生まれて初めての手術となりました。
いわゆる日帰り手術ですが。

テレビで見るような、手術台の上に寝ての手術でしたが、思ってたのと一番違ったのは、BGMを流しながらだったことです。
テレビの手術は、しーんとした中でするものばかりですが。

しかも患者をリラックスさせるような曲ではなく、執刀医の趣味と思われるテンポの速い曲をかけていました。
命にすぐ関わるようなレベルでないので、軽いノリなのか…?

なお手術は1時間弱で終わり、今のところ患部も異常なしです。