2日に、阪神のいわゆる「赤胴車」の運用が終了しました。
阪神は初めて乗ったのが1998年で、その後も数回しか乗ったことがなく、赤胴車に乗ったことがあるか定かではありませんが、子供のころからその存在は知っていました。

現在、赤胴車の後継にあたる車両はオレンジ色ベースに代わっています。
オレンジ阪神(2018/8/12)

阪神といえば「赤胴車」「青胴車」だったので、今になってみれば、愛称までついて定着している色を何で変えたのかなと。

京急なんて、ステンレス車体の銀色が目立つ車両というだけでクレームが多く来たのに。
地域・会社の文化の違いとしか言いようがないですかね。