2週間ほど前に、帯状疱疹にかかりました。
病院に行って、だいぶ治ってきましたが、まだもう少しです。

病院では、わざわざこんな冊子までもらいました。
帯状疱疹冊子

どうも一般的には60代以降に多くなるようですが、帯状疱疹といえば2013年にジャイアンツ・阿部がかかった印象が強いので、年齢に関係しているイメージはありませんでした。

その時は、ちょうど見に行った試合で発症して、開始直前に交代しました。
あとから原因が帯状疱疹と分かり、何で皮膚のできものくらいで休むんだ?と当時は思いましたが、かかってみると皮膚よりも神経が直接ズキズキ痛む症状が辛く、なるほどこれなら試合するのきついなと分かりました。

症状は右半身に出て、今年手術した粉瘤(3/28記事)も背中の右側で、なんで皮膚系の症状が右ばかりに出るんだか。
なんか関係してるのかな?