よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどをメインページに掲載しています。

カテゴリ:野球 > 野球全般

先週から東京などで緊急事態宣言がまた発令され、プロ野球などでも無観客の試合が出てきました。

ジャイアンツは4/27の神宮が今年最初の無観客試合でしたが、この試合は14-11の乱打戦で試合時間が4時間9分でした。

もともと試合終了を飲食店の時短営業の21時より前になるだけしようと、試合開始を前倒しして17:30にしたのに終了が21時を回りましたが、無観客になったのであまり関係なくなり、そもそも開始も元の18時でよくない?というところもありよく分からなくなりました

なんか新型コロナそのものより、政策に振り回されてる感がありますね。

野球中継などで、OPSというのがごくたまに出てきます。
OPSが出塁率と長打率を足したものなのは何となく知ってましたが、OPSって何の略かまで知らなかったので、調べてみたところ「On-base Plus Slugging」の略でした。

直訳すれば「出塁率+長打率」とそのままなのですが、日本語としては表す言葉がない状態です。

ただ、割合の足し算って、数学(統計学)的には何の意味もありません。
しかも出塁率と長打率は取りうる値の範囲も違うし、計算の分母も異なるのでなおさらです。

意味が説明できないので日本語にしようがない、とも言えます。

あえて言うなら、「そういう数値」だと定義した評価関数的なものかと(という理系発想)。
なので、OPSの話は出てきても聞き流してます。

プロ野球が開幕して3週間になりますが、今年は延長戦が無しとなり、引き分けが増えそうな流れとなっています。

引き分けを無くしたのは、新型コロナ対策で試合時間を夜遅くまでしないためですが、それならばデーゲームは延長ありでもよかったのでは?

試合によってレギュレーション(延長の有無)が違うことになりますが、以前あった試合時間で延長イニングが決まる方式では試合中に延長の有り無しが決まるので、それに比べればマシです。

しかも2軍(イースタン)では延長戦やってましたし、イマイチ考え方が分かりません。

リーグ戦開幕から6連敗の横浜FCですが、そこへ今日でまさかの開幕7戦勝ち無しとなったのがベイスターズです。

今年の横浜は方角悪いのか?と勝手に決めたくなりますが、ベイスターズは引き分けはあるのでサッカーなら勝ち点取れてるな、とかどうでもいいことまで考えてしまいます

同情している余裕はないですが、明日はお互いどうなるか…。

開幕から勝てない、って前にもあったな、と思って過去の記事を見返したら2012年と2009年にそれぞれブログのネタ(2012/4/9,2009/4/9記事)にしてました。

昨日から、2年ぶりとなるセンバツ高校野球が始まりました。
開会式の様子を見ましたが、コロナ禍で参加したのは初日に試合をする6校のみで、しかも入場済みの状態でした。

参加者を減らすのは仕方ないところですが、1校1人づつとかで全チーム参加できなかったのかなと。
6校以外は行進する映像のみでしたが、なんかシュール感しかありませんでした。

その一方で、来賓の挨拶は例年通り。
文科相なんて、国会会期中の平日にわざわざ東京から来る必要はなく、リモートで十分では?

夏の大会では、ぜひ見直しを期待したいです。

10日の報知の記事より。
セ球場では少なかった、ネーミングライツの採用です。

ナゴヤドームは10日、名古屋市内のホテルでナゴヤドームネーミングライツ決定記者発表会を行い、プロ野球・中日の本拠地である「ナゴヤドーム」を「バンテリンドーム ナゴヤ」に名称変更すると発表した。

社名でなく、商品名で来ましたか。
スタジアム:ナゴヤドーム(2010/4/30)

バンテリンを作っている興和の本社が名古屋にあるようなので、つながりとしては納得なのですが、バンテリンで思い出したのが、Bリーグ・横浜の胸スポンサーにもなっていることです。

横浜や神奈川との関係は?というと、支社があるくらいのようで、むしろ何で横浜についたのだろう?というところですが、単にビジネスと割り切ったんですかね。

今年の夏の高校野球は、交流試合という形での開催となり、17日に終了しました。

規模はかなり小さくなったものの、それでもこの夏の暑い時期に、昼間から高い金属音を響かせてプレーするのを見られるのは、長年の習慣にもなっていたので「夏が来たなあ」と思えました。

試合そのものは通常と同じで、試合開始・終了のサイレンもあり、校歌の演奏もありで、中継の仕方も変わらなかったので良かったです。

スコアボードの表示も、タイガース戦では派手な色合いの表示に変わっていましたが、高校野球では従来通りの伝統的な表示だったのでこれも個人的にはポイント高いです。

プロ野球やJリーグで観客を入れるようになって1か月ほど経ちましたが、応援に関してはまだ手探りで、チームごとに取り組みもまちまちです。

ジャイアンツは応援団が太鼓をたたいてのみの応援をしていますが、最初は去年までの応援を太鼓だけでやっていたので、分かる人には分かりますが、分からないと妙なリズムの太鼓なので、選手の調子まで狂わせそうなリズムでした。

タイガースなどは、無観客の時からトランペットでの応援をスピーカーから流すのを継続していますが、結局、旧来の応援から変える気はなさそうですかね。

打球音などが聞こえる中での観戦がもう少しできるようになるのも期待していたんですが。

↑このページのトップヘ