よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどをメインページに掲載しています。

カテゴリ:ウェブ更新 > ネット・PC

今年は横浜FCの試合の様子をクラブ側がブログ(note)で載せるようになっていますが、いかにも書き方がSEOを意識した書き方になってますね。
先頭に画像が来て、本文の頭のほうに目次があるのがその典型的パターンです。

マイナーな単語で検索かけると、誰が書いてるのか分からない、URLも怪しげなサイトがよく上に来ますが、そういうサイトもだいたいそうで、さらに最後にまとめがあるのもよくあるパターンです。

しかも画像は本文と直接関係ないのが貼り付けられているのがほとんどで、読んでもらうことよりアクセス数を稼ぐことしか考えていないのが見え見えです。

こうなると中身もどこまで信じていいか怪しいので、とりあえず読んでも話半分にして他にまともなサイトがないか探してます。

ライブドアブログの画像の管理画面上では、画像毎に張り付けている記事数が表示されていますが、記事に貼り付けているのにそれがカウントされていない画像があることに気づきました。

何のバグだ?と調べた結果、画像のサイズが縦20pxに満たないものはカウントできてないことが分かりました。

うーむ、これはバグなのか仕様なのか?よく分かりません

今月、2回ツイッターのことを書いてますが、ついでに過去書いたツイッターについての記事を見返していたところ、ブログ(PCのみ)に張っているウィジェットの画像を載せたことがあり、現在と変わっているので比較で画像を載せてみます。

ツイッター(新) ツイッター(2021年)

:2013年
:2021年

そういえばいつデザイン変わったんだっけ?

なお2013年のものに合わせ、2021年のは実際にブログに張り付けているものより高さを狭めています。

ブログ記事のカードが表示されるようになった分、1画面で表示される情報がかなり減ってます。

ライブドアブログのお知らせで、2回続けて以下のようなブログ引っ越しに関する記事が載りました。

2021年02月09日
「ブラジルblog」からの画像のお引越しに対応しました

2021年01月25日
「なちゅらぶ」からの画像のお引越しに対応しました

この記事タイトルを見て、まず「なちゅらぶ」「ブラジルblog」って何だそれ?となりました。

ちょっと見てみたところ、どちらも特定の趣味を持つ人向けのサービスのようですが、大手でも閉鎖になるブログがあるのに、小さいところとなればなおさら、というところですかね。

特定の趣味を持つ人向けのサービス、というと「横浜FCオフィシャルコミュニティブログ」もそういえば一緒ですね。

何年かぶりに、ツイッターのツイート一覧をダウンロードしてみようとしたところ、ダウンロードされたのはツイート本文だけでなく、画像や個人の設定までもろもろ含まれた形式でした。

以前はツイート本文(テキスト情報)だけで、欲しい情報はそれで十分だったのですが。

それでも欲しい情報が取れればいいか、だったのですが、ダウンロードしたものはブラウザで見るしかなく、ソースからツイート本文だけを抜き出すのも困難で、やむなくブラウザからコピペしようとして全文選択しても途中のツイートが欠けるという意味不明な状況となってしまいました

ということで肝心のツイート本文一覧をテキストで保存することができず

ツイッターはコロコロ仕様が変わるから、また変わるのを待つしかないか…。

ツイッターで自分で作ったリストを見る際、必ずと言っていいほど表示までの間に「このページは存在しません」と一旦表示されます。

表示自体にはもう慣れましたが、そもそもレスポンス待ちの間の表示がエラー時の表示と同じというセンスが理解できません
どういうアルゴリズムの作り方してるんだ?

とはいえ、変な画像を表示(2020/6/1記事)したりとかするツイッターに、センスを求めるのは無理な話かもしれません

おとといの投稿で、前回いつJ's GOALのことを書いたか覚えてなかったので、PC版にある検索窓からとりあえず「GOAL」と入れて検索してみました。

すると出てきたのは「該当する記事はありません」。

そんなわけないだろ、ひょっとして機能が死んでる?ということで適当に他の単語で検索をしてみたところ、普通に記事が出てきました。

ということで結局、なぜ「GOAL」で検索できないのか分かりません
なんかのNGワードなんでしょうか

ブログをhttps化してもうすぐ3か月になります。

httpのままですと、google検索などで上位に来ないというのがありますが、そういえばgoogleにhttps化が認識されたかを確認してみました。

ブログタイトルで検索したところ、最初に来たのはhttp時代の古いURLでした。
でのそのあとに、https化後のURLも表示されていたので、まったく認識されていないわけではなさそうです。

旧URLでも、https化後のURLに飛んでくれるので、旧URLのリンクが残っている以上、なかなか切り替わらないのかもしれません。

とりあえず数か月後にまた様子を見てみますか。

↑このページのトップヘ