よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどを資料室に掲載しています。

カテゴリ:横浜FC > F観戦

なんと4か月ぶりの三ツ沢、ですがまたまた雨。
今年の観戦全部雨ってどういうことだ。

横浜FC 1-0 岡山
F得点:山下

先発:3-4-2-1
FW:小川
MF:長谷川 伊藤
MF:武田 田部井 和田 近藤
DF:亀川 ガブリエウ 中村拓
GK:ブローダーセン
終了時:3-4-2-1
FW:小川
MF:松浦 山下
MF:山根 ハイネル 和田 中村拓
DF:亀川 ガブリエウ 高橋
GK:ブローダーセン
試合風景:220820

試合前の審判紹介で、主審に拍手が起きたので何だ?と思ったら女性審判でした。
というか、それが理由の拍手ということで良かったのかな?

試合は前半、ビッグチャンスがありながらも決めきれず、後半も同じような一進一退で進み、途中で両ウィングバックの交代に。

FW登録の山下と山根を同時に入れるという、明らかに攻めのメッセージが入ってますが、同点での賭けの要素もある中でこれが吉と出ます。

相手コーナーからのボールのこぼれを山根がドリブル開始、走り込んだ山下に敵陣で渡し、そのままシュートしてゴールと、特徴を出した見事なカウンター!

近藤と武田ではこういうカウンターはまず無理なので、交代が生きました。

岡山のロングボールが増えると、今度は高橋を入れて守りのメッセージ。
これで攻撃をしのいで勝ちきり、首位キープ!

MVPは、やっぱり決めたということで山下にしました。

得点のシーンでは、岡山側がやたら主審に文句言ってましたが、他にもプレーを止めるタイミングがおかしかったり、全体に疑問符のつくジャッジは多めでしたね。

岡山戦観戦通算:6勝1敗1分

観戦一覧

8年ぶりの群馬戦で、正田スタに乗り込んでの観戦です。

今年3戦目の観戦ですが、またしても雨。
試合中はそれほど強くはありませんでしたが、写真を撮るのもろくにできませんでした。

なお、リーグ戦観戦がこの試合で通算150試合になりました。

横浜FC 3-3 群馬
F得点:長谷川、渡邉、イサカ

先発:3-4-2-1
FW:渡邉
MF:長谷川 小川
MF:山下 手塚 高橋 イサカ
DF:武田 岩武 中村拓
GK:ブローダーセン
終了時:3-4-2-1
FW:クレーべ
MF:ミネイロ 松浦
MF:武田 手塚 安永 山下
DF:亀川 岩武 中村拓
GK:ブローダーセン
試合風景:220501

試合は最初押し込まれるものの、前半中盤から攻撃の形ができ始め、遠目でよく分かりませんでしたが長谷川が押し込んで先制すると、そこから2点を追加して前半終了。

ここまではいい展開でしたが、後半は逆に押し込まれて3失点。
選手交代も、連戦中で疲労や今後の起用を見据えたようにも見えてあまり効果なし。

雨の中、こんな試合展開で、かつ得点が全部遠いほうのゴールだったので、何だったんだ感が強く残って終わってしまいました。

試合後の挨拶ではスタンドからのヤジに怒る選手まで出ましたが、こちらは3日になってクラブ側が公式サイトに声明を出して応戦する事態になってました。

群馬戦観戦通算:2勝2敗2分(H:2-2-1 A:0-0-1)

観戦一覧

初めての琉球戦観戦です。
前回観戦に続いての雨で、前日まで予報になかったのに何だこれは。

横浜FC 3-1 琉球
F得点:小川、伊藤2

先発:3-4-2-1
FW:小川
MF:長谷川 伊藤
MF:武田 手塚 高橋 山下
DF:岩武 ガブリエウ 和田
GK:ブローダーセン
終了時:3-4-2-1
FW:クレーべ
MF:ミネイロ 松浦
MF:武田 田部井 高橋 山下
DF:中塩 ガブリエウ 岩武
GK:ブローダーセン
試合風景:220403

開始直前まで雨に降られてましたが、試合が始まると一旦上がり、そこからいきなりのゴールラッシュになりました。

開幕戦と同じ形で、前線からのプレスでボールを奪ってすぐのシュートを小川が決めて先制!
そのあとは2点続けて山下のクロスをファーで伊藤が受けてゴールを奪い、20分間であっという間の3点でした。

このまま大量点か?それとも終わってみたらまた1点差?どちらもありそうな中で1失点し、ちょうどこの辺りから雨もまた少し降り始め、じっと見守る展開に。

今季初出場のガブリエウが入って守備にいい変化が出るかなと期待しましたが、まだ1試合目なので失点減らしはこれからかなと。

守備時は3バックですが、ビルドアップは高橋が下りて4バック形態になってました。
以前の下平体制では守備時は4バック、ビルドアップは手塚が下りて3バック形態と真逆の作り方だったのが面白いです。

後半になると、こちらが前半見せたような前線からのプレスを琉球が見せてペースを握られますが失点はせず、そのまま終了。
後半はちょっと消化不良ながら、それでも今季初の2点差勝利です。

今週は新型コロナ陽性が5人出た中で、ガブリエウのほか田部井、ミネイロも初出場して、選手層の点でも収穫ありです。
なおMVP投票は、無難に2得点の伊藤にしました。

琉球戦観戦通算:1勝0敗0分

観戦一覧

今年もホーム開幕戦観戦です。
雨が降るか微妙なところでしたが試合中はたまにぱらつく程度で済みました。

前回観戦から2か月ちょっとなので、久しぶり感が特にありません(笑)。
観客は5千人弱でしたが、これがJ2ってところですか。

横浜FC 3-2 大宮
F得点:齋藤、小川、クレーべ

先発:3-4-3
FW:長谷川 ヴィゼウ 小川
MF:高木 齋藤 手塚 イサカ
DF:岩武 中塩 中村拓
GK:ブローダーセン
終了時:3-4-3
FW:長谷川 クレーべ 伊藤
MF:イサカ 安永 中村俊 山下
DF:岩武 中塩 中村拓
GK:ブローダーセン
試合風景:220219

この試合がどんなメンバーで来るのか分からず、マッチデープログラムの予想は3-4-2-1でしたが、昨年終盤と同じシステムで、本職のセンターバックが1人しかいない3バックになっているあたりなんか適当感を感じたのですが、いざフタを開けたら本当に概ねこの通りでした。

攻撃は結構パスがつながり、裏へのボールも効果的で、さらに前線からの守備も効いて、長谷川が高い位置で奪った流れから齋藤のミドルで先制!
今年の狙いを感じる得点でした。

後半立ち上がりに小川が押し込んで2点リードするも、やや不安を感じる3バックがロングボールで押し込まれ、立て続けに2失点。

ここは今後、メンバーを入れ替えるのか、組織でカバーするのかは見ていきたいところです。

試合は終了間際、交代出場の山下がサイド突破からPKを獲得、これをクレーべが決めて勝ち越し!
やっぱりこういう試合の決め手は交代選手です。

この直後に試合が終わり、これで大宮戦観戦での初勝利です。

そして山下の突破の起点になったのは長谷川。
最後までよくボールに絡みましたし、やっぱり川崎でもまれてきただけのことはありますね。

ということでMVP投票は長谷川にしました。
キャプテンこれからもよろしくお願いします。

大宮戦観戦通算:1勝3敗2分

観戦一覧

降格が決まっての今季最終戦です。
前回観戦同様、入場時に免疫向上のサプリが配られましたが、…摂取しても何の実感も得られないサプリもらってもなあ。

横浜FC 0-1 札幌

先発:3-4-2-1
FW:渡邉
MF:松尾 ジャーメイン
MF:高木 瀬古 安永 前嶋
DF:袴田 韓 岩武
GK:ブローダーセン
終了時:3-4-2-1
FW:クレーべ
MF:中村 ヴィゼウ
MF:前嶋 瀬古 シウバ マギーニョ
DF:袴田 韓 岩武
GK:ブローダーセン
試合風景:211204

札幌戦の観戦は、かれこれ11年ぶり、ホームとなると16年ぶり、さらに三ツ沢となると17年ぶりでした。

開始すぐにクリアミスから失点し、なんか開幕戦みたいな流れになってしまうのか?という心配もしましたが、その後は立ち直り、そのまま後半へ。

ブラジル人4人を控えに置くという異例の布陣でしたが、後半に順次投入すると特にクレーべにボールを集めるのが有効で、何度かチャンスを作ります。

ただ最後まで決めきれず、そのまま終了。
決して悪い内容ではありませんが、降格するチームの流れそのまま、という試合ともなりました。

観戦時に無得点で終わったのは約3年ぶりとなりました。
試合以外についてはまた後日。

札幌戦観戦通算:3勝2敗0分(H:1-2-0 A:2-0-0)

観戦一覧

後半戦初の観戦です。
大量補強した外国人選手も初めて見ます。

横浜FC 5-3 徳島
F得点:松尾、サウロミネイロ2、高木、渡邉

先発:3-4-2-1
FW:ミネイロ
MF:松尾 ジャーメイン
MF:武田 瀬古 安永 マギーニョ
DF:ガブリエウ 高橋 岩武
GK:ブローダーセン
終了時:3-4-2-1
FW:渡邉
MF:松浦 シウバ
MF:高木 瀬古 安永 前嶋
DF:ガブリエウ 高橋 岩武
GK:ブローダーセン

前半、少ないチャンスを確実にモノにして、松尾の鮮やかなミドル、サウロミネイロのスルーパスを受けての2ゴールと3点を取り、2点差で折り返します。

前半の2点差をすんなり逃げ切れないこの2年ですが、この日もそんな感じで一旦追いつかれます。

追いつかれる直前に準備していた高木が入りますが、ファーストタッチからドリブルで持ち込みミドルをぶち込んですぐに逆転!
試合風景:211016

これがJ初ゴールともなりました。

後半ATに渡邉がGKが飛び出してガラ空きのゴールに遠目から蹴り込んでダメ押しの5点目!

ガラ空きの中へのシュートは結構外しがちですが、さすがの落ち着いたシュートでした。
やっぱり接戦を勝つときは、交代選手が活躍しますね。

残留へ負けられない、結果がすべての試合でしたのでこれでいいのですが、にしても大味でしたね(笑)。
観戦した中では、3点取られて勝ったのは2000年以来でした。

MVPも誰にするか難しい試合でしたが、サウロミネイロにしました。

なお終わって出ようとすると、なぜか出口で洗剤を配布していました。
入場の時に配るのはありがちですが、勝利ボーナスだったんでしょうか。

徳島戦観戦通算:4勝0敗3分

観戦一覧

久々のクラブメンバーズデーです。
新型コロナ陽性者が再び1人出て開催がどうなるか心配でしたが、何も追加のアナウンスはなく何事もなかったかのように開催されました。

台風5号や前線の影響で前日までは雨の予報でしたが、ぱらぱら降る程度で済みました。
そして清水戦は初の観戦です。

横浜FC 1-1 清水
F得点:渡邉

先発:3-4-2-1
FW:渡邉
MF:ジャーメイン 小川
MF:高木 瀬古 高橋 前嶋
DF:袴田 ハン 伊野波
GK:六反
終了時:3-4-2-1
FW:伊藤
MF:中村 松浦
MF:武田 瀬古 高橋 前嶋
DF:袴田 ハン 伊野波 
GK:六反

スタメン発表は3バックで、実際その通りの並びとなりました。
ちなみにリーグ公式の予想フォーメーションももちろん(笑)3バックでした(6/22記事)。

さらに守備時は5バックになり、清水の両サイドの突破を封じる作戦で、中山の出番を減らしてました。
ただ中山との1対1で、高木があっさり何度もかわされてたのはいただけないですが。

失点をしないまま前半終了が近づきましたが、そこで高木からのクロスを渡邉がヘッドで決めて先制!
試合風景:210627

これでやっとの移籍初得点です。

後半は手を打ってきた清水に防戦の時間が長くなり、同点に追いつかれ終了。

後半もチャンスになりそうなところはありましたが、トラップやパスの精度が低すぎつけ込めませんでした。
いい時間帯もそれなりにあるだけに、もどかしいですなあ。

清水戦観戦通算:0勝0敗1分

観戦一覧

早川監督になって初めての観戦です。
右サイドハーフで使われ始めたマギーニョに続き、左サイドハーフに瀬古というまさかの布陣です。

横浜FC 2-0 湘南
F得点:前嶋、松浦

先発:4-2-3-1
FW:クレーべ
MF:瀬古 松浦 マギーニョ
MF:手塚 安永
DF:武田 高橋 ハン 前嶋
GK:市川
終了時:3-4-2-1
FW:ジャーメイン
MF:松尾 前嶋
MF:武田 手塚 瀬古 岩武
DF:袴田 高橋 ハン 
GK:市川
試合風景:210515

試合はいい入りかな、と思っていたところに、ゴール前のこぼれ球を回収した前嶋がミドルシュートを決めいきなり先制!

えっ、こんなうまい話ある?というくらいの展開となりました。

その後コーナーキックから押し込まれて同点…、と思ったらなんとVARでゴール取り消しに

VARの映像も場内に流れましたが、何の反則だったのか分からずじまい。
まあ今は結果が欲しいので、点が入らなければなんでもいいです(笑)。

後半はハーフライン付近からのフリーキックで、一瞬のスキをついて素早くパスを出すと反応した松浦がゴールに流し込んで2点目!

ゴール裏からだったので、ボールがゴールに入る軌道だったのかが分かりませんでしたが、入るまでの間、なんかスローモーションを見ているようでした。

湘南も攻め立てますが、市川が何度もシュートをはじき出したり、ハイボールを抑えたりと奮闘。

六反や南でもできたプレーかもしれませんが、ここのところ起用されてチームに勝ち点をもたらしている勝ち運があることもあり、なんか頼もしく見えました。

あとはキックの精度だけもう少し上げてもらえれば…。
それでも今日のMVPとして投票しました。

前半5分、後半6分と長いアディショナルタイムもありましたがこのまま逃げ切って、ついに待望のリーグ戦勝利!

全体的にも、以前テレビで見たときに比べれば、ボールホルダーへの寄せや、攻撃での連動などが上がっており、これだけできればこれからやっていけそうです。

湘南戦観戦通算:7勝2敗0分

観戦一覧

↑このページのトップヘ