よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどをメインページに掲載しています。

カテゴリ:横浜FC > F観戦

勝てばJ1昇格の一戦、チケットも完売で入場に長蛇の列ができていました。

横浜FC 2-0 愛媛
F得点:皆川、斎藤功

先発
FW:皆川
OMF:松尾 斎藤功 中山
DMF:佐藤 中村
DF:武田 ヨンアピン 伊野波 北爪
GK:南
終了時
FW:皆川
OMF:斉藤光 三浦 斎藤功
DMF:佐藤 田代
DF:武田 ヨンアピン 伊野波 北爪
GK:南
試合風景:191124

試合は前半、PKを獲得してキッカーは皆川。
先の金沢戦でもPK獲得時にまわりが蹴らせようとしていたようなので、得意ということでいいのかな?

ということにして、無事PKを決めて移籍初ゴール!
昇格へまず一歩前進です。

後半も松尾のサイド突破から中央の功佑へパス、トラップから左足でゴール!
さらに昇格へ前進です。

松尾も功佑も利き足にこだわらずボールを動かせるのはいいですね!
(以前は利き足でないとシュート打てない選手多かったよな…)

そして迎えたタイムアップ、意外と選手が冷静でしたね。

飛び跳ねるような選手がいるかと思いましたが、逆に伊野波が腰を抜かしたように座り込んでいて、そういうものなのかなと。
ゴールの時のほうがはるかにみんな派手でした。

なお終盤はタイムアップをだいぶ気にしていたので、愛媛の3人目の交代で西田が出ていたのを最後まで気づきませんでした(苦笑)。

愛媛戦観戦通算:3勝0敗2分


初めての、鹿児島を迎えての試合です。
この時期恒例の、紺ベースのユニホーム着用日です。

横浜FC 5-1 鹿児島
F得点:中山2、松尾、イバ2

先発
FW:イバ
OMF:松尾 ドミンゲス 中山
DMF:田代 松井
DF:武田 ヨンアピン 伊野波 北爪
GK:南
終了時
FW:イバ
OMF:斉藤光 斎藤功 中山
DMF:田代 中村
DF:武田 ヨンアピン 伊野波 北爪
GK:南
試合風景:190824

前半、相手GKのパスミスを拾った中山がシュートを決めて先制すると、松尾、イバも決めて前半に3点。

後半も前がかりな鹿児島の裏を取り、次々とカウンターでゴールに迫って2点。
観戦2試合続けての5得点となりました。

でも後半は、あと2点は取れただろうというくらい決定機があり、イバに対しては、ちゃんと2点取っているのに外した印象のほうが強いです(笑)。

後半開始時に気づいたのは、横浜が攻めるホームゴール裏にカメラマンがたくさんいたこと。

これは俊輔のゴール撮りたさでしょうね。
カズが出るときと同じだな…。

MVP投票は松尾にしました。
中山と迷いましたが、チーム2点目の角度のないところからのシュートのインパクトが勝ったので。

前回観戦時から始まった快進撃、今回で止まらなくて良かったです。

鹿児島戦観戦通算:1勝0敗0分


新監督になって初めての観戦。
体調不良やら悪天候やらでなかなか来れませんでしたが、決してチーム状態の悪さからではありません

なお保土ヶ谷区民デーでしたが、無料招待は1000人に抑えられたので混雑はそれほどでもなく、保土ヶ谷区絡みのゆるキャラも来ていませんでした。

横浜FC 5-1 岡山
F得点:イバ2、ドミンゲス、北爪、田代

先発
FW:イバ
OMF:草野 ドミンゲス 中山
DMF:田代 佐藤
DF:武田 ヨンアピン 伊野波 北爪
GK:南
終了時
FW:イバ
OMF:松尾 ドミンゲス 瀬沼
DMF:中里 佐藤
DF:武田 ヨンアピン 田代 北爪
GK:南
試合風景:190629

岡山は前線からのプレスがそれほどきつくなく、佐藤やドミンゲスがパスを展開していい感じでつないでいきます。

最近出番のなかった2人ですが、やっぱりこのほうが良さそうです。
ついでに試合後のMVPも佐藤にしておきました。

そしてドミンゲスからのスルーパスを受けたイバがゴールに流し込んで先制!
リードで折り返します。

ハーフタイムの「奥寺が斬る」で、「リードしてこのコーナーやるの今年初めてでは?」と言ってましたが、その状態も困ったものですが。

後半にレアンドロのヘッドで追加点を挙げ優位になりますが、そのあと守備がちょっと緩んだ感じとなり、1点取られます。
ここは昨年からこんな感じなので、そろそろ何とかしてほしいのですが。

ただこの後、3点をあげて終わってみれば4点差の大勝となりました。
新監督のやりたいサッカーができてきた、と思いたいですが、正直岡山のやり方が横浜にとって都合がよかった、とかがありそうですが。

岡山の監督は元横浜の有馬だったので、試合開始前の紹介時もかなり拍手がありましたが、ちょっと辛い古巣対戦とさせてしまいました。

草野が前半に負傷で交代となりましたが、そこにいきなり特別指定の松尾を出してきたのは驚きでした。
松浦あたりを使うと思っていたので、ゴール裏からもどよめきがありました。

結局3人の交代が全部ケガによるものだったので、そこは心配です。

岡山戦観戦通算:5勝1敗1分


今季初の、試合開始からの4バックです。
登録上は中山はMF扱いでしたが。

マッチデープログラムの3バック予想はいったい何だったのか…。
しかもベンチ入りすらしてない選手が2人も入ってるって…。

横浜FC 1-3 京都

先発
FW:イバ 戸島
OMF:松浦 ドミンゲス 
DMF:渡邊 佐藤
DF:袴田 ヨンアピン 田代 中山
GK:竹重
終了時
FW:イバ 戸島
OMF:斉藤光 ドミンゲス 
DMF:松井 佐藤
DF:袴田 ヨンアピン 田代 渡邊
GK:竹重
試合風景:190505

前半は先制を許し、その後もサイドバックに不慣れな中山のところを突かれて再三ピンチを招きますが、辛うじてしのぐと、前半終了間際に戸島がゴールを決めて同点で折り返します。

後半開始から中山を下げたので、修正をかけてきたな、と思ったら、斉藤光の投入でサイドバックが渡邊、ボランチに松浦という布陣で、これ機能するのか?と心配していたら案の定2失点し、肝心の攻撃は形にならず。

そのあとボランチに松井が入るとだいぶ落ち着いたのですが、そこまで無駄な時間を過ごしてしまった…。
同点なので、最初は中山と松井を交代させて守備を落ち着かせてからでもよかったのに、リスクをかけすぎましたね。

京都戦観戦通算:0勝4敗1分


今年もホーム開幕戦にやってきました。
試合前のスタジアム演奏会がまた母校って、いったい何回目だ

横浜FC 0-2 山形

先発
FW:戸島
OMF:中里 ドミンゲス 瀬沼 
DMF:武田 佐藤 北爪
DF:ヨンアピン 松井 藤井
GK:南
終了時
FW:イバ 斉藤光
OMF:中里 ドミンゲス 山本 
DMF:佐藤
DF:武田 ヨンアピン 藤井 瀬沼
GK:南
試合風景:190303

キックオフ10秒前からカウントダウンが表示されましたが、あれ要る?
アジアカップでもよく見ましたが、品があるとは思えません。

先発では、松井がDF登録で入っていて、本当に3バックに入るのか、それとも松井は中盤で4バックなどにするのか、ということで見始めましたが、本当に3バックの中央でした。

新聞などでは「松井がリベロ」と書かれていましたが、リベロというほど攻撃参加はせず、ほぼ最終ラインに張り付いていました。

失点は2点ともセットプレー。
攻撃は、戸島もイバももう一つ?でむしろ斉藤光の裏への抜け出しが一番効果がある感じでした。

例年なら、ホーム開幕では新戦力を見るのが恒例ですが、今年はまだ誰もピッチに立っていないので、逆にもう少し攻撃ができてほしいのですが、相手の研究が上回っているのか、開幕2試合でまだ0点。

次の試合では、そろそろ何とかしてもらわないと。

山形戦観戦通算:1勝6敗1分


昨年と同じ、ホーム最終戦が岡山戦。
横浜市民招待で場外に予想通り大行列ができ、アウェイ席を狭めて招待分の確保をしていました。

横浜FC 2-1 岡山
F得点:ドミンゲス2

先発
FW:戸島
MF:永田 斎藤功 佐藤 ドミンゲス 瀬沼 北爪
DF:ヨンアピン 田代 川崎
GK:南
終了時
FW:イバ
MF:永田 野村 佐藤 ドミンゲス 渡邊一 瀬沼
DF:ヨンアピン 田代 川崎
GK:南
試合風景:181110

昇格も降格もない相手で、先制されるとのびのびプレーされて厄介になるところですが、3分にいきなりレアンドロドミンゲスのミドルが決まって先制!
場内の雰囲気も良くなりました。

前半はこのまま推移し、後半も立ち上がりにレアンドロドミンゲスが決めて2点差に。

2試合出場停止だったイバが途中出場しましたが、このあたりから攻め込まれる時間が増え、1点を返されてまさかの勝ち点3が逃げるか、というところでしたがアディショナルタイムはイバ、ドミンゲス、瀬沼のキープ力で時間をうまく使い、逃げ切りに成功しました。

最終戦セレモニーも、久しぶりにいい雰囲気でした。
さあ、あと1試合!

岡山戦観戦通算:4勝1敗1分


最後の追い上げ、ということでホームタウン招待デーとなっていましたが、手続きの列が長い…。
公園入り口から折り返して並んでいましたが、これはしんどいな…。

横浜FC 1-1 大宮
F得点:北爪

先発
FW:イバ
MF:永田 野村 佐藤 ドミンゲス 渡邊一 北爪
DF:ヨンアピン 田代 藤井
GK:南
終了時
FW:瀬沼
MF:永田 野村 佐藤 ドミンゲス 戸島 北爪
DF:ヨンアピン 田代 川崎
GK:南
試合風景:181021

同じ勝ち点の上位対決となり、重い展開になるのかと思いきや、試合は前半から互いにチャンスを作りあう展開となりました。

後半先制されるも、北爪のミドルで追いつき同点に。
ただ勝ち越すには至らず、痛み分けとなりました。

激しいプレーも多く、イバが出血、藤井が負傷退場したほか、倒れて試合が止まる時間が長く、アディショナルタイムは前半3分、後半5分と長めでした。

内容的には悪くなく、6月のアウェイ対戦時とは違うところは見せましたが、残り試合数を考えると何とかしたかった試合でした。
それでも試合後の挨拶時にはゴール裏からブーイングはなく、まだまだという雰囲気があるので、残り4つに集中しましょう。

大宮戦観戦通算:0勝3敗2分


個人的に12年ぶりとなる水戸戦観戦です。
メインスタンドは招待があったらしく、ゴール裏よりも入ってる感じでした。

横浜FC 1-2 水戸
F得点:イバ

先発
FW:イバ
MF:武田 メネゲウ 佐藤 ドミンゲス 渡邊一
DF:永田 田代 ペ 藤井
GK:南
終了時
FW:イバ
MF:斎藤功 松井 佐藤 渡邊一 瀬沼
DF:武田 田代 ペ 藤井
GK:南
試合風景:180916

中3日での連戦ということで、メンバーも少しづつ入れ替え、疲労軽減を図っていると思われるメンバー構成の中、注目は移籍初出場のブルーノメネゲウでした。

しかし、あまり機能しないまま前半のみで交代。
後半は斎藤功、瀬沼を投入し活性化を図りますが、結局全体に動きが悪いまま試合が進み、交代選手も生かせずじまいでした。

相手と試合間隔が異なる厳しい条件だったとはいえ、これだけ動けないと厳しいですね。
これなら天皇杯並みにターンオーバーをかけてもよかったのでは?と思うほどです。

残りは連戦はないので、もう一度気持ち入れなおしてやってもらいましょう。

水戸戦観戦通算:3勝2敗0分


↑このページのトップヘ