よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどを資料室に掲載しています。

カテゴリ: 横浜FC

22日の天皇杯はJFATVで中継がありましたが、リアルタイムでは見ることができず、0-5の結果を知ってから見ることになったので、主に気になったところだけさらっと見ました。

まず試合が広島ホームで三ツ沢開催のような書き方になっていたので、ベンチはどうなるかを見ましたが、さすがに広島が普段のアウェイ側でした。

前半にヴィゼウが交代していたのでケガだろうと思ってましたが、確かに担架で運ばれたもののどこでケガしたのかは分かりませんでした。

後半は雨でレンズに水滴がついて見づらくなる時間帯が長かったですが、たまにあからさまに拭いてましたね。

後半にユースの高塩が出て、右WBに入ったのは分かりましたが、画面がアップにならないのでその辺でボールを触ったのが高塩なのかはよく分からず。
このあたりはJFATVでは仕方ないですかね。

先日、J2関連のニュースをネットでいろいろ見ていたら、「首都圏バトル」のフレーズに出会いました。

あ、今年もやってたんですね。

というか、うちは誘われなかったの?
それとも誘われたのに相手にしなかった?

どちらか分かりませんが、まあ無理には入らなくてもいいかな

シーズン初めに組めなかった今年の駅名の横浜FCですが、2種登録選手が9人も加わったことで、夏の移籍期間を待たずに選手を追加できて11人揃いました。

シーズン中に揃うパターンは初めてです。

FW:小川(18,JR鹿児島線)
MF:松浦(7,松浦鉄道)
MF:永田(50,JR外房線)
MF:高木(24,JR福塩線)
MF:和田(6,JR奥羽線)
MF:中村(25,土佐くろしお鉄道)
MF:山下(48,JR常磐線)
DF:杉田(23,JR東北線)
DF:高橋(4,JR佐世保線)
DF:西山(34,JR越後線)
GK:市川(21,JR総武線)

:新たにメンバー入りした選手

今年のシステムに合わせて3-4-2-1のイメージです。
中村は俊輔のほうで、ボランチ扱いです。

2種登録からは、先日の天皇杯2回戦にも出場した永田を追加。
ただ本職がどこか分かってないので、とりあえず2列目に入れました。

2年前と比べて残っているのは3人だけでした。
一方、構成に苦労した割には私鉄駅は無しで組めています。

昨日は横浜FCの天皇杯2回戦があり、PK戦の末勝って何とか番狂わせは回避しました。
これで今年の2回戦は一切番狂わせ無しで、29年ぶりらしいです。

3回戦ですでにJ1とJ2だけで、横浜FCは広島と対戦だそうですが、会場は三ツ沢です。
これまではJ1ホームの会場が多かったですが、今年はJ2ホームでの開催がほとんどになってました。

これまでJ1優遇の傾向が強かったですが、今後は少し変わってくるのでしょうか?

なお昨日はターンオーバーで控えに2種登録が4人も入る布陣でしたが、これまで決まっていなかった2種登録組の背番号もいつの間にか決まっていたようで、調べたらJリーグのサイトには記載がありました。
(でもクラブのサイトには書いてません

背番号が分かったので、資料室の「背番号別選手一覧」には後日2種登録分を入れる予定です。

1日の毎日新聞の記事から。

サッカーJ2・横浜FCのホームスタジアムであるニッパツ三ツ沢球技場(横浜市神奈川区)について、市は1日、三ツ沢公園の敷地内に新たな球技場を建設する方針を明らかにした。
現状の球技場はそのまま活用する。

ということで、三ツ沢の屋根問題は、新球技場の建設という方向になりそうです。

2020年に改修の話が出たものの、コロナ禍や市長の交代がありうやむやにされるのではと心配してましたが、調査の予算がついていたこともあり無事進んでいたのは良かったです。

ただ建設候補地は自由広場やテニスコートあたりのようで、段差もあるしスペース的にどうか?という感じがしてます。
待機列やキッチンカー展開の場所も欲しいですし。

まだまだ簡単にはいかなそうです。

今日はもう次の試合日ですが、25日の試合の3点目が横浜FCのJ2通算950点目だそうで、公式のツイッターにお知らせが出ていました。

って、なんかちょっと中途半端だな

次の1000点ならむろん節目で分かりますが、…今年は厳しそうですし、来年はJ2でないから(予定)、到達は未定なので今のうちに言えるものは言っておこう、てとこかも?

なお、資料室のフリエ年別データに通算得点を記載していますが、ちゃんと計算が合っていたのが確認できたので良かったです。

今年5回目のF&G勝利は1か月ぶりです。
1か月空くのは珍しいことではないのですが、その前までがハイペースでしたのでずいぶん待った印象です。

この1か月は横浜FC、ジャイアンツとも歩調を合わせるように不調でしたが、ようやくこれまたそろって底を脱してきました。

横浜FCは首位と勝ち点差1の3位、ジャイアンツはゲーム差1の2位と大きく後退はしておらず、まだまだこれからです。

昨日で14試合が終わったので、序盤戦を振り返ります。

3年ぶりのJ2で、新監督を迎えてという中でしたが、8勝5分の勝ち点29で首位と、トータルとしてはいいスタートです。

ただ直近4試合は勝ち無しと失速気味ではありますが、そういう時期はどこかであるものなので、ここをこらえてもらいましょう。

シーズン定点観測

↑このページのトップヘ