よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどを資料室に掲載しています。

カテゴリ: 横浜FC

28日の横浜FC公式サイトより。

2023シーズンより、ジョン ハッチンソン氏が横浜FCトップチームコーチに就任いたしますのでお知らせします。

ん、一体誰だ?と思って経歴を見たらマリノス経験者なので、たぶん昼田GMの人脈かな、ということでそこは納得しておきますが、その前には俊輔のコーチ就任も発表されており、コーチ多すぎない?と。

もともと今年もコーチがいつもより多いな、と思っていたのですが、こうなると誰かはトップから外れるんですかね。

監督も変わらず、チームも結果を出した中では珍しいですね。
かといってよくありがちな、監督の旧知の人物が入ってくるわけでもないので、なかなかどう見てよいのか難しいです。

20日でJ3も終了し、来年のJ1~J3の振り分けも確定しました。

新型コロナの影響で、J2・J3への降格が計8チームもある異例のシーズンでしたが、再昇格できたのは横浜FCだけとなりました。
こうして見るとよくやったよ本当に…。

シーズン最後にもたついたとか、優勝はできなかったとか、贅沢は言えないですね。
あとはそもそも落ちないように戦うのみです。

昨日、J2リーグアウォーズで小川が見事MVPを受賞しました!

得点王になり、チームは昇格と活躍が分かりやすいので、チャンスは大いにあるとは思っていましたが、その通りになってくれました。

そもそもJ2のMVP制定が今年からということで、うまいこと初代MVPにもなれました。

記念で小川の写真を、というところですがあまり撮っておらず、試合前練習から。
試合前:221016

これもそれほどいい表情でないですが、普段載せる機会のない練習中の姿ということで良しとしておきます

過去唯一の個人表彰は菅野(2007年新人王)で、その時も記念に写真をブログに載せましたが(2007/12/18記事)、やはりいい表情の写真がなく、今回も似たような展開になってしましました。

横浜FCが自動昇格を決め、今日もプレーオフは高みの見物でしたが、なんか今年は自動昇格といっても「強いなあ」と感じることがあまりありませんでした。

勝ち点的には2019年を上回ってますが、得失点差では下回っているのがそれを表しているのかなと。

1点差試合もなんか多かったな、というところでどんなものか調べてみました。
比較として2019年も合わせて、各試合の点差をグラフにしました。
点差の比較

やはり1点差勝ちが多く、2点差以上で勝った試合がかなり少ないです。
良く言えば勝負強いのですがね。

どのみち来年はたぶん「何でもいいから勝て!勝ち点稼げ!」みたいになるでしょうから、この傾向をいい方向に持っていってもらえれば…。

2006年、2019年とJ1昇格の際にエルゴラッソを買いましたが(2019/12/1記事)、この3年の間にJ2は基本電子版だけになってしまったようで、昇格が絡んでも特例はありませんでした。

電子版での特集はありましたが、お金払ってそれだとちょっとねえ…。

ちなみに昇格の号外が当日に神奈川新聞から出ましたが、こちらも電子版だけ。

自分で印刷するのもなんか違うしで、今回は手元に昇格記念のものは無しとなりました。

昨日はJ2の最終節で、横浜FCは4ゴールで逆転勝ちし、俊輔の現役最終戦を飾りました。

ということで見事昇格を決めたシーズン終盤戦を振り返りますと、7勝2分の勝ち点23で、実は少し伸び悩みました。

それでもトータルで勝ち点80に乗せ、2019年の勝ち点を上回り、3位とは勝ち点差8をつけての堂々の成績です。

今度こそのJ1残留へ、例年より長いオフでどう上積みするか楽しみにしましょう。

シーズン定点観測

昇格が試合前に決まり、観戦日としては今季初の晴れと好条件の中での試合になりました。

横浜FC 2-3 金沢
F得点:クレーべ2

先発:3-4-2-1
FW:ヒアン
MF:長谷川 小川
MF:山根 和田 齋藤 イサカ
DF:亀川 ガブリエウ 中村拓
GK:ブローダーセン
終了時:2-4-2-2
FW:クレーべ ガブリエウ
MF:長谷川 小川
MF:武田 中村俊 田部井 山下
DF:亀川 中村拓
GK:ブローダーセン
試合風景:221016

前半はいい感じで攻撃はするものの、最後はヒアンや小川に取らせようとシュートよりパスを選択するような動きも多く、きれいに取ろうとし過ぎたかなと。

その隙にカウンターから2失点し、後半に3点目を取られるとようやく開き直ったのか、どんどんシュートを狙うようになりました。

1点を返し、さらに金沢に退場が出て2点目を返すと一方的に攻め込みます。

退場者が出てすぐにガブリエウは前線に張り付き、金沢はほぼ自陣に引いていたのでフォーメーション的にはどうなっていたのかもはやよく分かりませんでしたが、惜しいシュートが何本かありながらもわずかに同点には届かず終了。

せめて0-3からの引き分けなら、もう少しいい気分でセレモニーに入れたんですが。

結果的には最後の中村俊を生で見る機会となり、展開的にたくさんボールに触り、直接フリーキックもあったのでそこは良かったと思うことにします。

金沢戦観戦通算:2勝1敗2分

観戦一覧

昨日、3位の岡山が敗れたことで、横浜FCのJ1復帰が決まりました

先週は、どうせなら自分たちで決めたい、というのがありましたがもう今週は早く決めてくれ、だったので決まって良かったです。

岡山の試合終了は16時前で、すでに先行入場でスタジアム内にいて速報をたまに確認していたのですが、15:50くらいにゴール裏から声があがったので、あれもう決まった?と思い速報を見ると、どうも岡山が勝ち越されたのに反応したようでした。

しかもゴールしたのは元横浜FCの青木。
こういう恩返しゴールはいいですね。

そして試合が終わると再びゴール裏などから声が上がり、場内でもアナウンスが入りました。
そしてほどなく、記念グッズ販売のお知らせも。
昇格グッズ表示

いや早いな、と思いましたが、よく考えたら1週間前から仕込み済みだったんですよねきっと。

さて試合後には昇格記念セレモニー、ですが試合に負けたのと、見ていた席がバックスタンドだったので最後の撮影とかもその輪に加われなかったのとでなんか消化不良感が残りました。

そんな中での場内一周の写真を。
試合後:221016

選手の写真も撮りましたが、サインボール渡し役の子供が写り込んでしまってここでは使いづらいこともあり、ちょうどうまい具合に収まった監督の様子です。

何はともあれ、来年もよろしくお願いします。

↑このページのトップヘ