よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどをメインページに掲載しています。

カテゴリ: 横浜FC

11日に、以下の加入内定のお知らせが来ました。

2023シーズンの新戦力として日本大学よりDF 近藤友喜(コンドウ トモキ)選手(20)の加入が内定いたしましたのでお知らせします。

って、ちょっと待て、2022でなくて2023?

最初はよくある誤記かと思いましたが、確かに年齢を見たらそうなのかと。

うちとの接点はなく、とするとそこまでの逸材か?と思えば日大は現在2部だそうですし、ネットで見ても代表歴なさそうですし、なかなか分からないですね。

たぶん特別指定でプレーする機会を作るかと思うので、そこで見てみるしかないですね。

1日に、横浜FC公式サイトに「相鉄バス株式会社との今後の取り組みについて」というお知らせが出て、パートナーシップ契約を結んだそうです。

以前は、相鉄がマリノスとスポンサー契約があるので表立って応援できない、とのことでしたが風向きが変わったんでしょうか?

お知らせの中には、こんな一文も。

今後ホームゲーム日における横浜駅西口発、三ツ沢総合グランド入口ゆきの直行便を新設いたします。

新設、って一昨年までは普通に走ってましたが。
確かに昨年からは市民病院のバス停を使って市営バスが帰りの便を走らせており、また相鉄に戻るのか、共存なのかどうでしょう?

現状で輸送力が足りているとも言い難いので、増えてくれればそのほうがいいですが。
相鉄が一足先に廃止したバス特も、5月いっぱいで市営も廃止したので差が無くなりどちらの利用でもよくなりましたし。

15日の試合では、クラブメンバーにF!カードのプレゼントがあったのでゲットしてきました。
神経衰弱のように裏返されて並べられた中から引いたのは、南のカードでした。

この後場内に入ると、スポンサーからの歯ブラシのプレゼントがあり、カードも同封されていて、こちらのデザインも南。

って、まさかの南かぶりです(笑)。
南カード

できれば選手のバリエーションをつけたいというのもありますが、まあこれはこれで。

14日に、ユースから3人が2種登録され、昨日のルヴァン杯でそのうちの一人、杉田が早速ベンチ入りを果たしました。

昨年もプレミアで変則日程ながら優勝するほど力をつけているのに、トップ昇格がなかったのがちょっと腑に落ちないところもありましたが、今年は早めに動きがありました。

3人の背番号は45~47となり、おそらく一番番号の大きかった六反の続き番かと思われますが、47は歴代で一番大きい番号となります。

ただ、44までの途中に空き番もたくさんあり、かつての2種登録でも途中の空き番をつけることがあったので、この辺はどういう趣味だろう?

早川監督になって初めての観戦です。
右サイドハーフで使われ始めたマギーニョに続き、左サイドハーフに瀬古というまさかの布陣です。

横浜FC 2-0 湘南
F得点:前嶋、松浦

先発:4-2-3-1
FW:クレーべ
MF:瀬古 松浦 マギーニョ
MF:手塚 安永
DF:武田 高橋 ハン 前嶋
GK:市川
終了時:3-4-2-1
FW:ジャーメイン
MF:松尾 前嶋
MF:武田 手塚 瀬古 岩武
DF:袴田 高橋 ハン 
GK:市川
試合風景:210515

試合はいい入りかな、と思っていたところに、ゴール前のこぼれ球を回収した前嶋がミドルシュートを決めいきなり先制!

えっ、こんなうまい話ある?というくらいの展開となりました。

その後コーナーキックから押し込まれて同点…、と思ったらなんとVARでゴール取り消しに

VARの映像も場内に流れましたが、何の反則だったのか分からずじまい。
まあ今は結果が欲しいので、点が入らなければなんでもいいです(笑)。

後半はハーフライン付近からのフリーキックで、一瞬のスキをついて素早くパスを出すと反応した松浦がゴールに流し込んで2点目!

ゴール裏からだったので、ボールがゴールに入る軌道だったのかが分かりませんでしたが、入るまでの間、なんかスローモーションを見ているようでした。

湘南も攻め立てますが、市川が何度もシュートをはじき出したり、ハイボールを抑えたりと奮闘。

六反や南でもできたプレーかもしれませんが、ここのところ起用されてチームに勝ち点をもたらしている勝ち運があることもあり、なんか頼もしく見えました。

あとはキックの精度だけもう少し上げてもらえれば…。
それでも今日のMVPとして投票しました。

前半5分、後半6分と長いアディショナルタイムもありましたがこのまま逃げ切って、ついに待望のリーグ戦勝利!

全体的にも、以前テレビで見たときに比べれば、ボールホルダーへの寄せや、攻撃での連動などが上がっており、これだけできればこれからやっていけそうです。

湘南戦観戦通算:7勝2敗0分

観戦一覧

今年2度目のF&G勝利です。

Jリーグの日だったこの日、横浜FCはついに待望のリーグ戦初勝利です!
試合は生観戦しているのでまた後日。

この時期の初勝利でもまだ残留圏まで勝ち点差6なので、もちろんこれからです!

ジャイアンツはちょうど伝統の一戦2000試合目となった試合で、スモークの逆転3ランで勝利。
首位とは3.5差で、こちらもまだまだこれからです。

なおNHK総合で中継があったので、電車の中でワンセグで確認しながら帰りました。

リーグ戦が約1/3の12試合を終わったということで、序盤戦を振り返ります。

結果は、…まさかの0勝
2分けの勝ち点2という惨状となりました。

監督交代もありましたが、まだあまり効果なし。
特に3月は、水曜にリーグ戦が立て続けに入り、修正する時間もろくに取れずじまいだったのも余計に響いたように思います。

一方、カップ戦のグループステージは第4節まで終わって、柏に2つ勝ったことでどういう訳か首位
正直、リーグ戦の何かの足しにしてもらえればステージ突破は二の次でいいですが。

シーズン定点観測

やっと今年最初の、というよりやっと勝った、という気持ちが強いF&G勝利です。

ジャーメインと岩武のゴールで、ルヴァン杯GS第1節に勝って以来の公式戦勝利となりました。

リーグ戦ではありませんが、とにかく長かったです。
まさかこんなに勝てないとは…。

どちらも柏戦、というのをどう評価していいのかというのもありますが、精神的に落ち着いてもらえれば、と願わずにはいられません。

ジャイアンツは高橋が開幕5連勝となりました。
開幕から1か月ちょっと、実際はいろいろありましたが首位と1ゲーム差という状況は横浜FCのことを思えば贅沢です。

なおジャーメインはジャイアンツファンだそうなので、ここにはどんどん登場してもらって構いません

↑このページのトップヘ