よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどをメインページに掲載しています。

カテゴリ: おでかけ

昨日は横浜FCの新体制発表会見がありましたが、場所が市役所の1階のフリースペースでした。

今年は行きませんでしたが、昨年末に赤レンガ倉庫へ行った際(2021/12/18記事)に、市役所にも立ち寄りました。
写真はその時撮った入口です。
新市役所入口(2021/12/15)

その際会見の会場となる場所も通りましたが、そこでやると聞いて、普段誰でも通れる場所だったので有料は驚きました。

一昨年移転した市役所ですが、実は市民になって42年、旧庁舎を含め市役所に入ったのはその時が初めてでした。

政令指定都市では区役所でほぼ事足りるので、市役所に行ったことのない人はまあまあいると思いますが。
いわゆる窓口はなく、受付が2階にあるだけでした。

12年ぶりに、夜景を見に横浜港エリアへ。
赤レンガ倉庫前で「クリスマスマーケット」をいうのを開催しており、名前の通りいろいろな店が出ているのですが別に買うものはなく、クリスマスツリーを見ます。
Xmasツリー2021

後方に少し写っていますが、「YOKOHAMA」の文字のイルミネーションもありました。
電飾横浜

三ツ沢でのナイターでもこれ欲しいな。
(2021/12/15)

横浜の風景(横浜港周辺)

16日の三ツ沢には、横浜市水道局のはまピョンが来ました。
ハーフタイムにだけ現れました。
キャラ:はまピョン

おぼつかない足取りで、脇を支えられるようにしながら、ピッチを1周…と思いきやバックスタンドのハーフラインで引き返し、戻ってしまいました。
うーん水道局のアピールになったのかな?

確かに1周は持たないように見えたので、もう少し工夫がいりますね。
(工夫の中身は大人の事情によるところかな

5日に書いた横国の五輪ネタに続き、今度はハマスタです。

同じ日に横国からハマスタへ移動。
関内駅から球場へ向かおうとすると、駅を出てすぐの交差点で早くもバリケードがあって、それ以上近寄れませんでした。

仕方ないのでギリギリのところから撮影です。
ハマスタ五輪

ウイングシートができてから初めて来たので、なるほど外からはこうやって見えるのかと。

壁に野球とソフトボールのピクトグラムが描いてあり、五輪らしさを出そうとしているものの、両方がはっきりと見える場所はありませんでした。

球場(横浜公園)の周囲は一応一周できたので歩いてみましたが、これといって注目するようなところもありませんでした。

この時はソフトボールの試合中で、たまに場内アナウンスは聞こえましたが、はっきり聞き取れるわけでもなく、知らなければ中でなんかやってるな、程度の感じでした。
(2021/7/26)

9/15に書いた、五輪時の横国ネタの続きです。

スタジアム自体を見た後、周りを見ていると、もともとあるチケット売り場とは別に仮設のチケット売り場があることに気づきました。
チケット売り場

無観客開催となったのにチケット売り場があることがシュールとなってしまいましたが、そもそも五輪のチケットって予約販売で全部売り切れるのでは?

わざわざここで買うなんてことはあり得たんでしょうか?
ツッコみどころ満載のチケット売り場でした。

横国の後は、横浜スタジアムにも行ってみたので、それはまた後日。
(2021/7/26)

競技場全般

オリンピックも、パラリンピックも終わったので、今さらながらに少しその時のことを。

といっても、無観客でしたし、都内の会場を見る気にもならなかったので、市内の会場を軽く見てきました。

ということでサッカー会場の横浜国際へ。
競技場のまわりはかつてのサッカーW杯に似た感じでバリケードがあり、幸い行った日は試合のない日で人もほとんどいなかったため、その隙間からのぞいてみました。
五輪横国

柱などが五輪仕様になっていて、ちょうどその中にW杯決勝のモニュメントがぽつんとあります。
思えば来年で20年経つんですよね。
(2021/7/26)

競技場全般

27日の三ツ沢には、明治安田生命のキャラ「うさりん」が来ました。
キャラ:うさりん

ハーフタイムにだけ現れて、ピッチを一周してすぐ帰ってしまいました。

キックオフ時には別のキャラがいましたが、バックスタンドからは後ろ向きの姿しか見れなかったうえハーフタイムには出てこずと、どちらもとりあえず感の強い登場でした。

なお明治安田生命はこの日のマッチスポンサーで、血管年齢測定会というのもやっていたので測ってみましたが、実年齢より10歳以上も上の結果が出てしまいました

15日の記事の続きです。
羽沢横浜国大駅のすぐ隣には羽沢貨物駅があります。

駅を出て、すぐ脇の階段を上がると見えてきます。
横浜羽沢駅をまたぐ跨線橋となっていますが、左右に高い金網が立てられており、貨物列車の撮影はやや苦労します。

金網の間から覗くように撮りました。
羽沢貨物駅(2021/5/15)

ちょうど貨物列車が入ってきたところで、コンテナを下ろすフォークリフトも待機しています。
のんびり作業を見たい気持ちもありましたが、予定通り三ツ沢へ向かいました。

横浜の風景(鉄道風景)

↑このページのトップヘ