よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログ記事を内容ごとにまとめたリストをブログ分室に、ブログで記載の難しいデータなどを資料室に掲載しています。

カテゴリ: 野球

前回の1軍戦観戦に続き、グリフィンが先発です。
逆に先発メンバーで前回から打順も守備位置も一緒なのはグリフィンだけです。

ジャイアンツ 6-1 ベイスターズ

勝:グリフィン、負:吉野
G本塁打:吉川3号

G先発メンバー
1[右]丸
2[二]吉川
3[中]ヘルナンデス
4[三]岡本
5[一]大城
6[捕]岸田
7[左]若林
8[遊]門脇
9[投]グリフィン

グリフィンは今回も7回1失点の好投で、これで昨年から3回登板試合を見ていますが、すべて勝っているうえ、失点も今日が初めてでした。

その失点もトイレに行っている間だったので、実質0みたいなものです(笑)。

さらには打撃でも6回にセンターオーバーのタイムリー二塁打を放つ活躍でした。
試合風景:240712

グリフィンの前には門脇がフェンス直撃のタイムリー二塁打を打っており、ちょっと前まで中軸でさえなかなかこんな打撃してくれなかったのに、だいぶ変わりましたね。

点差があって最後は平内が投げましたが、誕生日の高梨でも出してあげればよかったのでは、というのだけが心残りです。

なお試合後、19時からは女子の試合もありましたが、2時間も間が開くのが長すぎるので見ずに帰りました。
せめて1時間くらいならね…。

G観戦一覧

ジャイアンツ・戸郷が今日のタイガース戦でノーヒットノーラン達成!

ただ、1-0であったため最終回は記録達成のワクワク感よりも、ヒット打たれたら同点という状況もありピリピリ感のほうがありました。

おまけに4連敗中だったので、万が一勝てなかったら尾を引きかねないところでした。

終了後は遠征に帯同していたヴィーナスのメンバーが戸郷に花束を渡していましたが、思わぬ仕事ができてラッキーでしたね。

戸郷はNPB89人目、101回目の達成ということで、甲子園でのジャイアンツ投手のノーヒットノーランは、沢村栄治以来の88年ぶりだそうです。

その時もスコアは1-0で、そのときがNPBのノーヒットノーラン第1号だそうなので、戸郷は100回振りともなりますね。

ジャイアンツの地方開催試合絡みで、今年は水戸や松本といったJクラブとのコラボ企画をやっています。

先週の北陸シリーズではなかったようですが、今後もあるかもしれません。

個人的には横浜FCと何かやったら大盛り上がりですが、さすがに他球団と同じ地域のチームとはやらないでしょうから、そこは期待していません。

イーグルス2軍本拠地での試合です。
というか、ジャイアンツ戦ではイーグルスは初めてだったりします。

イーグルス 2-5 ジャイアンツ

勝:田中、負:松井
G本塁打:加藤

G先発メンバー
1[二]加藤
2[中]舟越
3[三]泉口
4[左]秋広
5[指]浅野
6[右]松原
7[一]増田陸
8[捕]山瀬
9[遊]中田
[投]田中
試合風景:240429

試合は先発の田中が6回途中を1失点にまとめ、攻撃は加藤の先制ソロから小刻みに点を取って勝ちました。

全体には淡々と進んだ印象で、大きな収穫も反省点も無く、それなりにみんな頑張ったかな、というような試合となりました。

三塁側で見ていましたが、後方ネットに当たったファウルボールが何度か近くに落ちて、練習中には1回ボールも拾いました。

球場に打順表示がないため試合中はアナウンスが頼りで、まじめに試合展開を追おうとすると結構頭を使います。
球場自体については後日あらためて書きます。

G観戦一覧

3/31に終わった今年のセンバツですが、書く機会を逃し開会式の話を今さら
平日開幕でしたので録画で見ました。

昨年夏の大会では、暑さもあり来賓あいさつや選手宣誓が短くなって良かったのですが(2023/8/29記事)、今回はまたダラダラ長いものに戻ってしまいました

さらに各校のプラカードを書道の高校全国大会の上位者が書いたらしいのですが、文字間の大きさのバランスが悪いとか、個性が強すぎて下手にしか見えないとかが多く、これなら出場校の書道部員が書いたほうがいいのでは?とまで思いました。

なんかしまりの無い感じばかりが残りました。

昨年に続く開幕第2戦の観戦ですが、先発も昨年と同じグリフィンとなりました。
宮崎キャンプではビジターユニだったので、今年初めて見るホームユニです。

場内に関しては、特に昨年と大きく変わったと感じるところはありませんでした。

ジャイアンツ 5-0 タイガース

勝:グリフィン、負:大竹
G本塁打:岡本1号、坂本1号

G先発メンバー
1[中]佐々木
2[遊]門脇
3[右]梶谷
4[一]岡本
5[三]坂本
6[捕]大城
7[左]丸
8[二]吉川
9[投]グリフィン
試合風景:240330

オープン戦では不安のあったグリフィンですが、相手のスクイズ失敗などもあり7回途中まで無失点と粘りました。

そのスクイズで、小飛球をダイビングキャッチして併殺にした岡本が6回に先制弾を放つと、一気に試合はジャイアンツペースに。
終盤はゆとりを持っての観戦でした。

終わってみれば昨年の第2戦に続く完封勝ちで、今期としても2試合連続完封となりました。

なお家に帰ってから、スクイズが実はセーフティースクイズだったことを知りました。

3塁走者の大山が本塁まで突っ込んできていたので、てっきり普通のスクイズだと思っていたのですが。

セーフティースクイズで飛び出して、戻る気配もなくアウトになるって何だそれ?

G観戦一覧

昨日、ジャイアンツのオドーアが2軍降格を拒否して退団となりました。

オープン戦では結果が出てませんでしたが、とりあえずは開幕からしばらくは使うのかと思っていたので、阿部新監督の判断はちょっと驚きました。

もともと、引退してからの指導ぶりからして監督としては疑問符がつくところもあったのですが、こういう決断ができるならチームをいい方向に持っていけるかもしれません。

あとは、この判断が単にせっかちで我慢できないだけだった、ということではないことを祈ります。

4日前に書いた横浜FCに続き、今度は駅名の巨人打線です。
昨年はメンバーの変更がありませんでしたが、今年は2人が入れ替わりました。

1[右]浅野(51, JR鶴見線)
2[中]松原(59, 東急電鉄)
3[二]吉川(2, JR武蔵野線)
4[一]岡本(25, JR東北線)
5[三]坂本(6, JR肥薩線)
6[左]若林(37, 東急電鉄)
7[遊]中山(41, JR横浜線)
8[捕]小林(22, JR成田線)
9[投]菅野(18, 京成電鉄)

:新たにメンバー入りした選手

坂本の三塁コンバートも反映でき、守備は大きな問題がありませんが、打線としては少々弱いです

↑このページのトップヘ