よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどを資料室に掲載しています。

カテゴリ:旅行 > 東日本の旅

河口湖の旅の2日目、道の駅朝霧高原から河口湖へ。
河口湖のバックに富士山が入るところ、ということで北側の大石公園に来ました。

早速ここで撮影します。
大石からの富士

ただ富士山と湖面のコントラストの差がありすぎて、富士山に合わせて濃い目に調整しましたが今度は湖面が暗くなり、なかなか難しいです。

ここで昼食をとりつつ、しばし富士を眺めてましたが、途中から雲が出始めてだんだん山頂が隠れがちに。
結局、全体が完全に見えていたのはここまででした。
(2021/4/30)

河口湖の旅の2日目は河口湖へ向かいます。
前日の大雨から打って変わっての晴天で、朝から富士山もくっきりと見えており、道中はずっと右手に見ながらとなりました。

途中の道の駅朝霧高原で休憩し、ここでいよいよ富士山を撮影です。
建物の裏手に出ると人工物の入らない姿を収めることができました。
朝霧高原からの富士

ここからさらに進んで河口湖を目指します。
(2021/4/30)

河口湖の旅の初日、三島からレンタカーで富士宮方面へ向かいます。

寄り道で道の駅富士で休憩ののち、富士宮の浅間大社へ。
浅間大社本宮
各地の神社

三島から移動開始した頃から大雨となり、神社でも参拝はしたもののそれだけでずぶ濡れとなるレベルで、境内の散策はパス。

この日はこれだけでホテルへと向かいました。
(2021/4/29)

河口湖の旅の初日、新幹線で三島へ。
富士五湖へは中央線回りが定番ですが、今回は静岡側から回ります。

三島の新幹線ホームは、上下線が1つの島式ホームでまとめられている、新幹線としては非常に珍しい形態の駅です。

写真はホームの案内板です。
三島ホーム案内

通過線は外側にあり、京急の鮫洲と同じ形態です。
以前、通過の際にこの形態になっているのは気づいていましたが、あらためて降りてみると不思議な違和感があります。

改札から北口側に出て、アスティがあるのでお昼を食べようと行ってみると、…店が3件だけ?
三島アスティ

新横浜のアスティのイメージしかなかったので、もろにずっこけました。

昼食後はレンタカーを借りて、富士宮方面へ。
(2021/4/29)

房総の旅の3日目、養老渓谷を離れレンタカー返却先の千葉駅へ。

千葉駅では総武線快速の始発を待っていると、ちょうどB.B.BASEが来たので撮影。
千葉B_B_BASE

停車したので、ホームから車内ものぞいてみました。
自転車を止める台がたくさん並んでおり、元通勤用の209系を好き勝手に改造した感じでした(笑)。

千葉からは総武線快速に乗り横浜へ戻りました。
(2019/5/3)

房総の旅の3日目、中瀬遊歩道から粟又の滝へ。
少し離れているので車で移動し、滝から少し離れた駐車場に止めましたが、こちらも空きは十分にありました。

滝めぐり遊歩道というのがありますが、かなり歩きそうなので今回はメインの粟又の滝だけ見ることに。
滝のすぐ近くまで行って撮りました。
粟又の滝

滝の脇にも遊歩道があり、滝の上流にも行けるので行ってみましたが、…上流側から滝を見ても直接滝自体が見えるわけでもなく、特にどうということはありませんでした。

養老渓谷の観光はこれで終わりで、千葉駅に戻ります。
(2019/5/3)

房総の旅の3日目、観音橋を見た後は中瀬遊歩道を歩きます。
写真はその途中の新録の風景です。
中瀬遊歩道

また、遊歩道の途中には、道の真ん中に堂々と木が生えているところも。
遊歩道の木

木が後から生えたのか、あえて避けずに歩道を作ったのか?

遊歩道を歩いた後は、少し移動して粟又の滝へ向かいます。
(2019/5/3)

房総の旅の3日目は、養老渓谷へ向かいます。
まずは中瀬遊歩道付近を回るべく、付近の駐車場に車を停めますが、前日の鋸山で駐車場が満杯だったので、果たして空いているか…、というところでしたが、ゆうゆう停められました。

遊歩道に入る前に、近くの観音橋へ。
観音橋

赤い橋が、緑の中でいいアクセントとなっています。
(2019/5/3)

↑このページのトップヘ