よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどをメインページに掲載しています。

カテゴリ:いろいろ > 全般

昨日は東京五輪の開会式がありましたが、選手入場を見ると普通に密に近い状態でした
あれがいいなら、観客を入れても別に良かったでしょ。

人の流れが増える、というのが無観客の理由の一つでしたが、都内ないしは首都圏の人だけで抽選やればプロ野球開催と大して変わらないので問題ないはずです。

開催地の住民が観客として参加できない時点で、すでにこの五輪は成功とは言えないですね。
全競技の完了=成功、とは思ってません。

先月、8年ぶりに人間ドックへ行きました。
2度目で、かつ前回と同じ所へ行ったので全体的には淡々と終えました。

新型コロナ対策で流れが若干違ったのと、胃カメラを初めてやったことが一番の違いです。

前回同様、午前で検査は終了しましたが、そういえば昔は人間ドックというと1泊2日というイメージがあったのですがそれってなぜだ?ということで少し調べてみました。

今でも1泊2日はあって、検査項目は多いのですが、トータルで1日でも終わる程度の時間しかかからないようなので、2日に分けなくてもいいんじゃない?という印象でした。

1泊2日は昔からこんな感じだったのか、昔はもっと時間がかかっていたから1泊2日だったのか、うーむ分からん

河口湖の旅では富士宮のホテルに宿泊しましたが、予約の際、ネットでいろいろ調べていたところ、「ベストレート保証」の表示がありました。

最近こういうホテルが増え、昨年のGW旅行を計画した際も泊まろうとしたホテルのサイトから予約しました。

ただし去年は新型コロナで断念せざるを得ずキャンセルをしましたが、そのホテルはネット上でのキャンセルができず、電話でのみでした。
ホテル独自のシステムだと、こういう時はちょっと面倒になる場合があります。

さて今回もホテルのサイトから予約しようとしましたが、その前段階で大手の宿泊予約サイトを見ていたので念のため比較したところ、ホテルのサイトのほうが高かったです

別に特別なプランでもなかったので、いい加減なところもあるということですかね。

4/23に書いた「ロウル沼」ですが、クラブ側(川崎)は沼にはめた人からグッズ代をかき集めようと多くのロウルグッズを出しています。

幸い、もともと物欲が弱いので、買ったのはぬいぐるみなどごく一部にとどまっています。
(え、買ってる時点でアウト?

もともとうちにある、フリ丸とジャビットは2012/1/7の記事にも載せていますが、せっかくなのでロウルも加えた3ショットを。
ぬいぐるみ3体

宇宙人2体に雲の上の生き物1体という、もはやよく分からない組み合わせ(笑)。

現実的な話としても、地域性に統一感のない3チーム分の組み合わせです。
東京-川崎-横浜と隣接するどうしではあるのですが。

Bリーグ・川崎が以下の終盤戦スローガンを設定したそうです。

「VICTORIA –全ては勝利のために–」

「全ては勝利のために」って、今年の横浜FCのスローガンとかぶってますね。
以前も「BE BRABE」がかぶったことがあり(2017/1/18記事)、なぜなんでしょう?

さらにこのスローガンのロゴは、もともとの今シーズンのスローガンロゴと組み合わせると「『頂点』を象徴するダイヤモンドを表現した菱形のロゴとして完成するデザイン」だそうです。

菱形、と言われて頭に浮かんだのは横浜市章なんですが…

今日から、東京で「まん延防止等重点措置」の適用が始まりました。
とりあえず神奈川(横浜)はそういう話は出ていませんが、そのうち出てきてしまうんでしょうか。

これが話題に出てくるようになったのは2週間ほど前で、その頃は「まん防」という略称で主に呼ばれ、すぐになんかゆるい感じだな、と思ったのですが、その後の世間の反応はそれ以上となり、みんな思うことが意外と一緒だったなと。

ニュースなどでは魚のマンボウを連想してゆるさを感じる、と言われてましたが、他にも「まん」がひらがななのもゆるい感じです。
せめて「延防」だったら意味は似たようなものですし、印象が違ったかも。

それから、ラテン系の音楽(マンボ)も連想し、これもノリのいい感じなので似た印象です。
マンボといえば、その昔(2006/7/28)に日立のテレビの商品名から連想した、なんてことも書いたのを思い出しました(笑)。

きょう開催されたびわ湖毎日マラソン、今大会で事実上の最後の開催でしたが、その中で鈴木健吾が日本新記録を更新、しかも2時間4分台を出しました。

テレビで見てましたが、ペースメーカがいるうちは1kmあたり2:58と特に速いタイム設定でなく、これまでの大迫の日本記録のラップより遅いので日本記録なんて中継でもまったく触れてなかったのですが、ペースメーカーが外れてからのほうが速くなるといういうすごい走りを見せ、いつの間にか記録を打ち立てました。

鈴木は神大卒で、本ブログでも過去の記事を見たら2017年、2018年の箱根で名前が出てきていました。
ただありふれた苗字のせいか、特に書いた印象がありませんでした

大会としては有終の美を飾った、と言えますが、そもそも大阪のマラソンと統合ってのもなんだかなと。
この大会自体が最初大阪で開催されていたらしいので、アリといえばアリなのか…。

一方で、大きい大会ながらコースの大半が片側1車線の道路で、センターラインのない狭いところを往復で使う区間もあったりして、苦しいところもあったのかなと。

昨日、カーリング日本選手権の決勝が行われました。

今大会一番目立ったのは、男子で準優勝の常呂ジュニアでした。

📺中継でも見ましたが、高校生ながら、コンサドーレをはじめとする強豪に互角に渡り合いました。
TM軽井沢、SC軽井沢あたりはもっと鍛え直さないと!

今大会は稚内で開催されましたが、もともとの予定では新横浜での開催でした。
新横浜なら見に行けるので楽しみにしていたのですが、2~3年後あたり(たぶん来年はまだ無理かと)にもう一度企画してもらえるとありがたいです。

↑このページのトップヘ