よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログ記事を内容ごとにまとめたリストをブログ分室に、ブログで記載の難しいデータなどを資料室に掲載しています。

カテゴリ:おでかけ > おでかけ全般

今年は花見が先週末になったので、例年やや満開時期が遅い多摩地域の中から昭和記念公園に行きました。

中央の広場の北側にまとめて桜があり、さらに花畑もあるので両方を入れて撮ってみました。
桜:昭和記念公園
各地の桜

桜は散り始めてましたが、この距離ならそれほど散った感はないです。

初めての場所だったので桜以外にも園内を見ましたが、道路で見かけたのは「パークトレイン」という園内移動のSL風の乗り物です。
パークトレイン

有料ですが、それでも来園者が多いので乗車待ちの列ができて、しかも満員で降りる人もおらず乗れないというのも見かけました。
(2024/4/13)

都内の風景(多摩地域)

3/30の東京ドームには、始球式でカッパ、じゃなくて林家木久扇師匠が来ました。
翌日の笑点勇退を記念してのようです。
木久扇

始球式を終えるとベンチ裏へつながる通路から引き上げましたが、通路の入口に橙色の服を着た人がいたのでもしかしてたい平師匠がお供で来たか?と思いましたがそうではなく息子(2代目木久蔵)でした。

木久扇師匠は唯一、生で落語を聞いた噺家でもあります。
中学の時に、学校のイベントで今はなき鶴見会館で聞きました。

当時は木久蔵で、彦六師匠のネタでした。
その数か月後に、笑点で同じネタを番組都合で尺を縮めてやっていたのを覚えています。

なお木久扇師匠は86歳で、この前日の始球式の人は90歳と、この始球式の平均年齢の高さは一体なんだろう…

新金谷駅ではポストなども見ましたが、やはり来た一番の目的はSLです。

発車前は、駅舎横の広場に乗客となる団体の観光客が多く来ていました。
普通列車も私鉄の特急車や客車列車だったりと、完全に観光特化した鉄道会社になってますね。

広場からはSLの側面しか見えないので、発車したところを近くの踏切から狙いました。
かわね路号
各地のSL

SL銀河のときとは違い、長く運転しているだけあってかカメラを構える人は他にいませんでした。
(2023/11/16)

中部の風景(東海)

島田宿(島田駅)から少し足を延ばして、新金谷駅へ。
むろん鉄道でも行けますが、新金谷駅の近くを通る路線バスがあるので、それに乗って行きました。

新金谷駅の入口には、黒い郵便ポストが。
ただ黒いだけでなく、SLの車体と同じ塗料を使っているとのことです。
SLポスト
各地のポスト

駅の裏手には公園があり、そこから駅構内や車庫を眺めることができます。
そこに止まっていたのはきかんしゃトーマス号のSL。

この日は運行日ではありませんでしたが、辛うじて見ることができました。
トーマス号
各地のSL

しかしまあ、よく本物のSLをここまで装飾したもんだと。
SLが黒いのは、他の色にしても熱や汚れですぐダメになるからかと思っていたのですが、意外と大丈夫なんですね。

ちなみにその手前にちょっと写っているのは元東急7200系。
SLと東急という、本来ならシュールな組み合わせです。
(2023/11/16)

中部の風景(東海)

蓬莱橋のほかに、JR島田駅付近のスポットとして大井神社へ。

旧東海道の島田宿の西端にあたる位置にある神社で、結構規模も大きいです。
大井神社
各地の神社(中部)

この時はちょうど七五三の翌日で、まだ立て看板やテントなどが残っていて、片付けをしているところでした。

もう一つ、今度は島田宿の東端近くにあるJR東海道線の踏切です。
踏切の名前が「川崎街道踏切」です。
川崎街道

東海道線の踏切で川崎街道、と言われたら川崎市内にあるとしか思えない名前ですが、もちろん違います。
東京から川崎が206kmもあるわけありません。

調べたら、どうやら島田宿から海沿いの方向にある川崎という地名の所へ続く街道のようです。
(2023/11/16)

中部の風景(東海)

今年の初詣は、9年ぶりに穴守稲荷へ。
この間に改修があったそうで、境内が広々とした印象に変わっていました。
穴守稲荷2024
各地の神社

このあとは、歩いて9年前にはなかったHANEDA INNOVATION CITYへ。
オフィスや店舗などが入ってますが、まだ空いているスペースもあり、人も大していませんでした。

その一角に足湯と、展望台になっているところがあり、ここから羽田空港が見えます。
B滑走路が目の前ですが、この日は風向きのせいか、いる間はまったく飛行機の発着はありませんでした。

右側の建物は第3ターミナルで、その近くに何機か飛行機がとまっています。
イノベーションシティからの空港

この日の2日前は飛行機衝突事故がありましたが、事故現場のC滑走路はターミナルビルの裏でまったく見えません。
ただ、事故原因のカギを握る管制塔は見えています。
(2024/1/4)

先月書いた、静岡の蓬莱橋の続きです。
蓬莱橋を実際に渡っていきます。

橋の欄干は低く、いざというときの支えにはまずなりません(苦笑)。
ただ心理的にはないのとあるのとではだいぶ違う気がします。

木造ながら特に揺れるということもなく、橋の中央を過ぎあたりまで歩きます。
ここで東側に見える富士山と大井川を。
大井川と富士山

そのまま渡り終え、さてどうしようかというところですが、そのまま引き返すことはせず、対岸側を歩きます。

ちょっとした周遊コースが設定されており、それに沿う感じで東に進むと茶畑に出ました。
いかにも静岡という感じで、その奥に富士山も見えたのでさらにもう1枚。
茶畑と富士山

うん、川も茶畑も絵になりますね。

このあとは普通の道路橋である島田大橋を渡って元いたほうに戻りました。
(2023/11/13)

中部の風景(東海)

イルミネーションを見に、六本木へ。
夜のけやき坂です。
けやき坂イルミ
各地の夜景

人はやはりたくさんいましたが、歩けないほどではないのでまだいいかと。

後方にライトアップされた東京タワーが少しだけ見えていますが、ちょうど横断歩道上だとはっきり見えるので、青信号になると立ち止まって撮影する連中がたくさんいるため、警備員が出てひどいことになっていました。

近くの歩道橋でも同じような状態でしたが、いざ見てみると東京タワーと街路樹を入れて撮っても位置関係やバランスが悪くて、何をメインに撮ったのか分からない写真にしかならなそうでした。

このすぐ近くの六本木ヒルズから、恒例のクリスマスツリーを。
Xmasツリー2023

あちこちにツリーがありましたが、その中からの1枚です。
(2023/12/9)

都内の風景

↑このページのトップヘ