よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどをメインページに掲載しています。

カテゴリ:おでかけ > おでかけ全般

4日にジャイアンツ球場に行った際、往復は以前も通った坂道を通りました。
そこには2009年当時のジャイアンツ選手の手形が埋め込まれています。
V通り(2012/3/27)

しかし今回、2枚ほど手形が無くなり、代わりにジャイアンツのマークが入ったボードが埋め込まれているのに気づきました。
手形Gマーク(2021/5/4)

まさか盗まれた?
というか、誰のだ?と、背番号から類推したところ、2枚とも野球賭博でいなくなった選手の分でした。

ということで、意図的に撤去されたとみられるので、そっとしておきます。

18日にとどろきアリーナへ。
試合前に千葉の田口と遊んでいるロウルです。
ロウルと田口

敵チームの選手なのに、取り込んでしまっています。
ツイッターでは、このような状態を「ロウル沼にはまる」などと表現されていますが、田口が沼に入ってしまったことが千葉の公式、千葉のマスコットのツイッターで問題視(笑)されてました。

と言いつつ、こんなのを撮っている自分自身もロウル沼に入ってしまっているようです

23日の記事の続きで、9/26の東京ドームです。

観客は最大1万9千人という制限で、それでもそれまでの5千人から緩和されてチケットが手に入るようになりようやくの観戦でしたが、帰りは規制退場なるものが設定されていました。

係員がボードを持って周知しようとしていますが、これが始まったのがヒーローインタビューが終わった後。
規制退場

ジャイアンツが勝った日ならまだしも、負けた日なので試合終了と同時に大半の観客は出口に向かっており、全くの無意味でした
今でもこれやってるのかな…?

東京ドームでの観戦から1か月近く経ってしまいましたが、9/26の試合以外のネタを。

今年の場内の目玉は、1階コンコースの端に設けられた、坂本の2000本安打へのモニュメントです。
勇人2000

「HAYATO 2000」を2000個のボールで表していますが、オレンジのところはまだ打ってない分です。

ただし、この前日で残り37本(1963安打)でしたが、ボールは1926安打までしかついていませんでした。
毎日の更新ではないようで。

なおうまく人がいないタイミングで撮れましたが、通路にあるので普通に人が横切るし、近寄ってじっと見る人もいるので、間が悪いとかなり待たないといけなさそうです。

なおこの投稿の時点では1988安打です。

今年の桜は、二ヶ領用水沿いの桜です。
二ヶ領用水の桜(2020/3/21)

本来なら、先週末に花見というところでしたが、外出自粛で取りやめ、21日に早めに咲いていた桜を見つけたので撮っておいたものです。

ここ目当てで来たわけではないので、見るのが夜になってしまい、街灯で照らされているだけなのでやや苦しい写りではありますが、何とかそれなりに収めました。

昨シーズンに続き、再びBリーグの試合へ。
川崎の試合ですが、DeNAつながりということで、ベイスターズのDB.スターマンが来ました。
とどろきスターマン(2020/1/24)

川崎のロウルと似たような体型ですが、DB.スターマンのほうがバスケットが上手いことが発覚。
(というか、実はボールを持つのもままならないロウル…

場内では、DB.スターマンの紹介で、かつてホエールズが川崎を本拠にしていたつながりがあることを紹介していました。

ただ、どちらかというとホエールズが横浜に逃げた感じですし、現時点でも横浜にBリーグのチームがあるのにそちらに行ってないしで、地域的なことに触れてはいけないのでは…。

11月に、ディズニーシーに行ったのでその時の写真を。
ちょうどクリスマスのイベントが始まる日だったので、まずはアメリカンウォーターフロントにあったクリスマスツリーです。
Xmasツリー2019

パーク内は一周しましたが、その中からS.S.コロンビア号のデッキからの風景が珍しかったのでそれを載せてみます。
TDS端

パーク内からは基本的に外が見えないようになっていますが、ここからははっきりと見えます。
右側はパーク内の運河、左側は東京湾、奥に湾岸の建物が見えます。

さらにパーク内(夢の国)と外(現実)の間を、ちょうど中間の存在といえるディズニーリゾートラインのモノレールが走っており、話がよくできています。
(2019/11/8)

関東の風景

昨日は2006年以来となる、とどろきアリーナへ。
Bリーグの川崎-三河戦です。

2006年の時もバスケットで、東芝-アイシン戦でしたが、実質同じチーム同士の対戦となりました。

試合は川崎が終始圧倒し、93-67で勝利。
最後は点差がついたので、最後川崎は先発の5人が全員ベンチに下がる余裕(しかも川崎はプレー可能な控えが5人しかいないのに)でした。

試合中の珍プレーは、川崎の3Pシュートが外れ、そのままリング脇に挟まったところです。
ボール挟まり

この後は川崎ボールで再開でした。
挟まるとそのままボール保持というルールなのかと思いましたが、あとで調べたらジャンプボール扱いで、実際はジャンプボールせず交互にどちらかのボールになるんだそうです。

さて川崎は今シーズンからDeNAが運営元となり、マスコットも変更になりました。
ロウル

ベイスターズと同様、小動物風のかわいいキャラに変えてきましたね。
ここはDeNAの戦略ないしは趣味でしょうか。
(2018/12/29)

↑このページのトップヘ