よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどを資料室に掲載しています。

カテゴリ:野球 > G全般

ジャイアンツの場内アナウンス担当(ウグイス嬢)は昨年3人が加わり、山中さんが昨年限りで勇退となりました。

ただ、これでウグイス嬢が入れ替わったわけではなく、もう一人渡辺さんという方がいます。

一昨年まで2人でやっていたのは知ってましたが、実はこの2人の声が個人的に区別つきません。
アナウンスのテンポも差が分かりません。

2人とは言いつつ、実はほぼ1人でやってるのでは、とさえ思ったこともありました。

名前を知ったのは、選手別応援歌CDに名前が記載されていたのを見たときです。
巨人CD裏面1991

写真は1991年のもので、30年以上この2人でやってきていました。
CD内のアナウンスでも、2人の区別がついてません。

ということで今年も、これまでの聞き慣れた声がたまに聞こえてきます。

ちょうどキャンプ初日と重なりましたが、今年の駅名の巨人打線を。
昨年からは亀井が抜けた分だけ変わりました。

1[二]吉川(2, JR武蔵野線)
2[中]松原(9, 東急電鉄)
3[遊]坂本(6, JR肥薩線)
4[三]岡本(25, JR東北線)
5[一]中田(10, JR五能線)
6[右]若林(37, 東急電鉄)
7[左]石川(36, JR奥羽線)
8[捕]小林(22, JR成田線)
9[投]菅野(18, 京成電鉄)

:新たにメンバー入りした選手

亀井の抜けたところは中田が入り、5番という打順もカバーできました。
現実として、果たして5番を任せられるような活躍をしてくれるかは半信半疑なところですが。

8日にジャイアンツのシーズン感謝祭があり、昨年に続きネット中継を見ました。
昨年は裏感謝祭のほうが面白かったのですが、今年は裏感謝祭の中継が事実上なし(映像だけで音声無し)となってしましました。

ジャイアンツストリームでしか音声ありは見れないのですが、有料のほうに引き込もうというのが見え見えでした。
しかもサービスがもうすぐ一旦終わるのに、引き込めるとでも思ってるのか?

さてメイン側の企画で、主力4人への投票企画があり、初めてこの手のものに参加しました。
所定の書式のハッシュタグをつけるのですが、果たしてカウントされているのか?よく分かりませんが。

2問目で、丸への投票が全体の0%と出て、ほんとかいな?集計ミスか?と思ってあとからハッシュタグをクリック(検索)してみたところ、投票した人はゼロではないものの、確かに数が少なく、四捨五入では0%かもというところでした。

その投票ですが、個人名入りのハッシュタグと「#G感謝祭」という2つをつけないといけないのですが、「#G感謝祭」をつけてないツイートの多いこと

たぶん無効票になっているはずですが、人の話を聞いてない奴が世の中多いのをあらためて感じました。

今年は久しぶりに盛り上がりのある日本シリーズになっていますが(苦笑)、ふとジャイアンツの公式サイトを見に行ったところ、公式戦中には載っていた、他球場の試合速報がありませんでした。

公式戦の時は、ジャイアンツの試合がなくパの1試合だけ、なんて日でも載せていたのに「え?日本シリーズって何ですか?」みたいな感じでなんか笑えてしまいました。

3年前はどうしてたかは当時見ていませんが、まあ今年のことはもう終わりってことで別にいいのかなと。

後半戦開始の前に、ジャイアンツでは監督が「わっしょいベースボール」なる言葉を口にしたところ、あっという間にチームに浸透し、みこしを担ぐパフォーマンスをする選手が現れるなどしています。

これはそのうちなんかグッズも出るかな、と思っていたら20日から「わっしょい」と入ったフェイスタオルのなど販売が始まりました。

フェイスタオルに関しては、好きな文字を入れたものを作れるカスタムサービスがもともとあったので、「わっしょいベースボール」と聞いて、これだ!とひらめいていち早く注文した人もいそうですが、カスタム版は値段が高いうえ質感は落ちるので「一般商品として発売される」と聞いてズッコケてもいそうです

4日に、ジャイアンツの炭谷が1軍登録を抹消され、前日出場していたのに何かあったのか、と思ったらその数時間後にイーグルスへのトレードが発表され、さらに翌日にイーグルスへの支配下登録と1軍登録という、慌ただしい動きがありました。

2015年のファイターズとのトレード並みの動きの速さ(2015/6/13記事)でした。

さらに今回、結果的に炭谷は登録抹消の翌日に1軍登録という、通常あり得ない流れともなりました。

今年は新型コロナ特例で1日で再登録はあり得るにはあり得ますが、とりあえずチームが変わる場合には10日空けるのは適用外ということが分かりました。

5日の東京ドームの続きを。
場内に入る前、22番ゲート前のディスプレイにこの日のカードの表示がありましたが、3人の選手の顔ぶれが…。
ゲート上モニタ

ちょうどこの日は、誰も1軍登録されてないという
(丸は前日、菅野は翌日1軍でしたが)

この週から、ジャイアンツ攻撃時に選手応援歌が流れるようになりましたが、ライトスタンドから流れるとのことで、どこかと探したらスタンド後方に仮設スピーカーを見つけました。
外野スピーカー

コロナ禍の中、応援がないならないで別に良かった派ですが、本来に近い外野からの音なのでこれはこれでいいかなと。

チャンステーマに関しては、昨年から通常の場内スピーカーから流していましたが、そこは変わっておらず。
どうせなら、そこも外野から応援団に任して流したほうがいいかと。

走者が得点圏に行くと、展開に関係なく何でもかんでもチャンステーマになっているのもなんか違いますし。
そのうち変わるかな?

今年の駅名の巨人打線です。
今年は駅名の横浜FCは組めませんでしたが、巨人打線のほうは問題なく組めました。

1[二]吉川(29, JR武蔵野線)
2[中]松原(31, 東急電鉄)
3[遊]坂本(6, JR肥薩線)
4[三]岡本(25, JR東北線)
5[右]亀井(9, 熊本電鉄)
6[一]若林(37, 東急電鉄)
7[左]石川(36, JR奥羽線)
8[捕]小林(22, JR成田線)
9[投]菅野(18, 京成電鉄)

:新たにメンバー入りした選手

変わったのは、育成に回った山下の分を入れ替えただけで、あとはそのままです。
1~4番も昨年のままですが、この並びは昨季後半戦の基本オーダーそのままだったという、奇跡的な並びでした。

現時点の構想では補強の影響でこの並びは想定されていなさそうですが、そもそも昨年もまったく構想になかったので、どうなるか見てみましょう。

↑このページのトップヘ