よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどをメインページに掲載しています。

カテゴリ:野球 > G全般

昨日、昨年に続くジャイアンツのリーグ優勝が決定!

いつの間にかまたマジック対象になっていたタイガースが先に引き分け、ジャイアンツが引き分けたことでの決定で、10回表を抑えて引き分け以上が確定した段階での決定でした。

試合中なのに優勝決定のアナウンスが場内に流れるこれまた妙な決まり方でした。
過去にはサヨナラ負けして胴上げもあったし、まあいいか。

5連敗中で、1994年を思わせる失速ぶりでしたが、その年ほどは差を詰められることなくゴール。
この日も連敗ストップしたわけでもないですが、今が底だと思って、日本シリーズまでにまた上げてほしいものです。

G優勝決定

昨日の勝利で、ジャイアンツ・原監督の通算勝利数が球団1位となる1067勝となりました。

監督の勝利数にはさほど重要性を感じてないので、昨年の1000勝の時も特に触れませんでしたが、今回は1位ということで触れておきます。

試合終了後、すぐにセレモニーが始まったので、球団としても用意周到でした。
1000勝の時は額に入ったフラワーアートを落として壊すという失態があり、今回も似たものが用意されましたが「とりあえず落とさないでくれ」とだけ願ってました。(笑)

今後、さらに数字を伸ばして…、と言いたいところですが、次代の監督への引継ぎもしっかりよろしく、という思いもあるので、やはりこの記録の話はほどほどでお願いします。

昨日はジャイアンツ・増田大が野手ながら登板するという珍事がありました。

テレビで試合は見ていましたが、堀岡が満塁弾を浴びて交代するのは確認したものの、その次誰が出てくるかまでは見てませんでした。

ふと再び画面を見ると増田が映っていたので、「ん???」となり、そこからまたしっかり見始めました。

割とまともに投げて、アウトも2つ取ったのでなんだか大敗なのにそんな雰囲気が残らず、いい気分転換になりました。

その後はいろいろなネタがでてきて、ジャイアンツでは1949年以来の野手登板だとか、堀内が起用を批判して、それに上原が反論するとか、パーラも昨年MLBで登板してたとか、なかなか面白かったです。

ツイッターのトレンドワードの表示で、試合中は選手名が上がってくることがよくあります。

ジャイアンツのメルセデスが先発の日は「メルセデス」もよく出てきますが、トレンドの分類が野球ではなく、先日は「自動車文化」、昨日は「旅行」でした。
以下は画面キャプチャしたものを並べたものです。
メルセデス

いやだから、車じゃないって
ツイート内でメルセデスが何を意味しているかまで分析してないでしょうから、たぶん当分は車扱いでしょう。

一昨日、ジャイアンツ・戸郷が開幕3戦3勝となり、高卒2年目として「桑田越え」とスポーツ紙では取り上げられていました。

戸郷といえば、背中のローマ字表記が「TOGOH」でなく「TOGO」になぜかなっています。
ついでに後藤も現役時代は「GOTOH」だったのに、今は「GOTO」です。

今のご時世、「GOTO」だとなんか問題になっている某キャンペーンみたいですが

逆に、東京から名古屋、関西、広島に行って勝ち星を重ねる「TOGOキャンペーン」なら大歓迎です(笑)。

7月に入り、ジャイアンツは練習中にサマーキャップなるものを使い始めました。
デザインが試合用とは異なり、つばがオレンジ、前面が白、他が黒です。

で、そのデザインを見て思い出したのがこのキャップです。
友の会帽子

1991年のジャイアンツ友の会の帽子です。
このためにしまってあったのを引っ張り出してきました。

球団スタッフでも、これの存在知っている人どれくらいいるだろう?

今日ついに、2020年のプロ野球が開幕、そしてジャイアンツが通算6000勝を達成!

5000勝の時と同様、苦しい試合展開でしたが吉川尚の技ありの一振りでひっくり返して勝ち切りました。

昨シーズン終了時点で5999勝だったのは分かっていたのですが、まさか無観客となるとは思っていなかったので、これなら昨年のうちに観客のいる中で達成しておけば、とも思いましたが、消化試合で達成してもイマイチなのでまあ仕方ないですかね。

5000勝の時は2007年に甲府へ旅行中というタイミングで、その時は横浜FCのアウェイ戦を翌日に控えていましたが、そういえばそれはJ1の時で、今年もJ1だなと。

オープン戦が無観客で進んでいるプロ野球ですが、ジャイアンツ戦の中継は例年通り行われています。

今年から背番号の変わった選手の姿も見ていますが、その中で24になった大城を見ていると、なんだか大森の姿とダブります。

背番号だけでなく、その上の名前が「OH」で始まるのも同じで、体格も似ていて左打席の構えもグリップの位置が肩ぐらいなのも似ていて、といった具合です。

テレビなどでは「由伸のつけていた番号」という言い方をされるのが多いですが、由伸とは似てないのでやっぱり大森です。
大森がプロ入りしたのって、もう30年ほど前なんですけどね。

ついでに支配下登録されて44になったモタですが、こちらは背中の名前を「MOTA」ではなく「OHTA」に空目してしまいます

↑このページのトップヘ