よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどを資料室に掲載しています。

カテゴリ: 旅行

草津の旅の2日目、前橋からまずは観光ということでバスで群馬県庁へ。
日曜ですが、最上階の展望室は開放されているとのことなので来てみました。
群馬県庁
各地のタワー

とはいえ日曜なので周囲に人は少なく、県庁も入っていいのかという雰囲気で、入ってやっと展望室への案内があったので大丈夫だと確信してエレベータに乗り込みました。

展望はどちらかというとおまけのようで、見る場所は限られており、とりあえずこのあと行くスタジアムの方向を。
群馬県庁展望

中央の奥あたりがスタジアムになります。
曇天で後方の山はかすんでおり、眺めはもう一つとなりました。

このあとは一旦バスで前橋駅に戻ります。
(2022/5/1)

草津の旅は2日目に入り、新前橋から一駅乗って前橋に向かいます。

新前橋のホームの横には大きな車庫があります。
昔は新前橋電車区という名前でしたが、今は高崎車両センターという名前だそうです。

他の電車区等も含め、なんか名前がちょこちょこ変わるので、ついていけてません。

そこにリゾートやまどりが止まっていたので撮影。
ジョイフルトレインもほとんど廃車になった中でまだ残っている貴重な存在です。
新前橋やまどり(2022/5/1)

新前橋での撮影、というと実は1993年にSLを撮りに来ています。
今回の旅では見れなかったSLです。
新前橋D51(1993/8/26)

後ろが電車区で、今はもういない横帯の185系が写っています。
SLは高崎でも撮ったのですが、人が多いので走っている姿を撮ろうということで来ました。

草津の旅の初日、上州富岡から高崎に戻ると、行きは気づきませんでしたが金色のポストがあるのに気づきました。
高崎黄金ポスト

昨年の五輪でソフトボール・上野が金メダルを取ったのを記念してのものだそうです。

気になって調べたら、全国に何個もあって、横浜にもあるそうです。
野球の青柳を記念してのものですが、…試合では直接貢献してないだろ、とツッコみたくなりました

このあとJRのホームへ向かいますが、ホームの屋根下にSL運転をアピールする看板が。
高崎ホーム屋根

今回は運転日と旅の日程が合わず見ることはできませんでしたが。

ここから新前橋へ向かいますが、反対のホームには上野東京ラインの国府津行きの表示がありました。

普段から見かける表示のため、旅の気分が削がれる北関東あるあるです。
(2022/4/30)

草津の旅の初日、富岡製糸場での追加の2枚を。

富岡製糸場は普通の工場を観光施設化したものなので、生活感のあるものもあり、その一つとして東繭置所前にあった花壇を。
東繭置所と花壇

当時もきちんと花が植えられていたかまでは分かりませんが、ちょっと落ち着いた感じがありました。

見学を終えて外に出てみると、普通に建物が外からも見えます。
これも、もともと普通の工場だったゆえの光景です。
西繭置所と煙突

中からは逆光だった煙突もいい感じに見え、手前の塀さえ気にしなければ中に入らずとも観光した気になれる1枚です(笑)。

このあとは上州富岡駅から高崎に戻ります。
(2022/4/30)

草津の旅の初日、上州富岡に来た目的である富岡製糸場へ向かいます。

さっそく中を見ますが、撮影は一部を除き可能なのでいろいろ写真に撮りました。
ただ数が多いので、その中からベタに代表的な建物である東置繭所を。
東置繭所

もう一つ代表的なのは高い煙突ですが、敷地内からは意外とはっきり見える場所が少なく、根元から見える場所が東置繭所の近くにあったのでそこからの写真を。
富岡製糸場煙突

周囲が工事中ということもあり、これだと富岡製糸場なのか分かりにくい写真になってしまいました。
しかも逆光という悪条件…。

全体は約2時間ほどかけて見学しました。
中の詳しいことは他の専門のサイトに任せます(笑)。
(2022/4/30)

草津の旅の初日、上信線で富岡製糸場の最寄り駅、上州富岡まで移動します。

ホームでさっそく目に入ったのは、世界遺産登録を祝う横断幕です。
富岡ホーム表示

世界遺産登録の効果か、駅舎も凝ったデザインの綺麗な建物となっています。
上州富岡駅

屋根が目立ちますが、単純な機能的にはオーバースペック感も…
(2022/4/30)

草津の旅の初日、新幹線で高崎まで移動します。
自由席に乗りましたが、東京ではまだ席が埋まらない程度でした。

高崎からは上信電鉄に乗り換えます。
改札のある地上階に下りると、そこにあった発車案内が電球を使った渋いものでした。
上信表示器

さらに進んでホームへ。
JRホームの片隅に設けられた、これまた渋い地方私鉄感満載のホームです。
上信電車

乗車する電車は、上信オリジナルの車両でした。
(2022/4/30)

群馬の主な観光地と、前橋での横浜FC観戦の旅です。
観光先の一つと、対戦相手から「草津の旅」としました。
きっぷ:富岡往復

行程
2022/4/30
横浜[JR]⇒東京10:16〔 とき315号〕⇒高崎(上信線乗り場)12:53[]⇒上州富岡富岡製糸場花壇・敷地外)→上州富岡16:50[]⇒高崎(黄金ポスト)17:45[JR]⇒新前橋:泊

2022/5/1 |
新前橋9:19⇒前橋[]⇒群馬県庁[]⇒前橋11:30[]⇒敷島公園(横浜FC観戦)→大渡橋16:32⇒前橋[JR]⇒新前橋:泊

2022/5/2
新前橋9:44[JR]⇒渋川[:55分]⇒あがつま峡→吾妻峡→あがつま峡[:25分]⇒八ッ場ダム[:15分]⇒長野原草津口16:45[JR]⇒大前[:30分]⇒北軽井沢:泊

2022/5/3
北軽井沢[:55分]⇒天狗山駐車場→草津温泉→天狗山駐車場[:35分]⇒長野原草津口15:43〔特急 草津4号〕⇒赤羽[JR]⇒横浜

:上信電鉄
:バス
:レンタカー
:道の駅

時系列たび一覧

↑このページのトップヘ