よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどをメインページに掲載しています。

カテゴリ: 旅行

河口湖の旅の3日目、白糸の滝を見たあとは駐車場へ戻ります。

ここから曇り空の中、辛うじて姿を見せてくれた富士山を。
駐車場からの富士

山頂は隠れてますが、旅の締めとなる富士です。

これで観光は終了で、レンタカーを借りた三島へ行き、新幹線で横浜へ戻りました。
(2021/5/1)

河口湖の旅の3日目、音止の滝を見たあとは、本題の白糸の滝です。
幾筋もの流れが落ちています。
白糸の滝

しばし眺めた後、写真のさらに左側にある階段を上がり、途中にある展望台へ。

上からも悪くはないですが、写真としては、やはりこのすぐ近くからのほうがいいです。
(2021/5/1)

河口湖の旅の3日目は、世界遺産でもある白糸の滝へ向かいます。

レンタカーを駐車場に停めて滝へと向かいますが、その途中で見つけた三角コーンを。
富士山になっています。
富士山コーン

さらに進むと、白糸の滝とは別の滝があります。
「音止(おとどめ)の滝」という滝です。
音止の滝

こちらはオーソドックスな滝で、正面から見ようとするとやや遠いのであまりじっくり見ている人はいませんでした。

もともと別の滝目当てで来ている人ばかりなので、無理もないですかね。
(2021/5/1)

河口湖の旅の2日目、富士山を眺めた河口湖大橋をすぐ近くから撮影します。
河口湖大橋
各地の橋

これで河口湖観光は終わり、ですが他のところを回る余裕がなくなり、このあとは途中で道の駅なるさわに寄るだけになってしましました。

他の湖などに行くには、もっと時間を取らないといけないですね。
ただ前日、翌日とも晴れることはなく、ただ単に日数を取ればいいというものでもないので、これは何度も来いということですかね(笑)。
(2021/4/30)

河口湖の旅の2日目、河口湖駅から再び河口湖畔へ。
今度は、大池公園へ向かいます。

公園内で一休み、と思ったのですがベンチもあまりなく、座ることもできず、結局休めませんでした。

ここからすぐ近くの河口湖大橋へ。
橋の上から富士山を眺めます。
大橋からの富士

大きい雲があるものの、山頂が辛うじて見えている?くらいの状態でした。

小さい桟橋があり、ここでも貸しボートに乗れますが、ここのほうが流れが穏やかなようで、こっちに乗ればよかったなと。

ただ貸しボートの情報がネットでもなかなか出てこなかったので、とりあえず見つけたところで乗らざるを得ませんでした。
(2021/4/30)

河口湖の旅の2日目、河口湖からいったん離れ、河口湖駅へ。
駅の駐車場に停めます。

駐車場は30分まで無料なので、その間に見学します(笑)。
ホームにはフジサン特急が止まっていたので撮影。
フジサン特急と富士

ちょうどバックに富士山も入りました。

駅前には、昔の車両も飾られていました。
さすがに富士急の昔の車両までは把握してないので、外観を見るだけです。
河口湖駅

今回は富士急は一切乗車しませんが、また機会があれば。

ただ横浜からだと中央線に乗るまでが結構億劫なので、なかなか踏ん切りがつきません。
今回もそれで東海道線側から来ました。

この後は再び河口湖へ。
(2021/4/30)

河口湖の旅の2日目、大石公園から東側に進み、遊覧船乗り場近くの駐車場に車をとめます。
ここで足こぎボートで湖上へ出て富士山を眺めます。

ところが、湖面の流れが速く、漕いでないとどんどん流されてしまい、流されないようにすることばかりに必死でした。

漕ぎながら辛うじて撮ったのがこの1枚。
湖上からの富士

見た目はそれなりに撮れてますが、元はかなり傾いていたのを調整しました。

湖上から、というのも分かるような、分からないような?
山頂も雲でだいぶ隠れてきました。
(2021/4/30)

河口湖の旅の2日目、道の駅朝霧高原から河口湖へ。
河口湖のバックに富士山が入るところ、ということで北側の大石公園に来ました。

早速ここで撮影します。
大石からの富士

ただ富士山と湖面のコントラストの差がありすぎて、富士山に合わせて濃い目に調整しましたが今度は湖面が暗くなり、なかなか難しいです。

ここで昼食をとりつつ、しばし富士を眺めてましたが、途中から雲が出始めてだんだん山頂が隠れがちに。
結局、全体が完全に見えていたのはここまででした。
(2021/4/30)

↑このページのトップヘ