よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどをメインページに掲載しています。

カテゴリ:横浜FC > F&G

異例のシーズンの中、やっと迎えた今季最初のF&G勝利です。

横浜FCは終了間際の瀬沼のヘッドによる1点を守っての勝利。
今季公式戦初出場で、しかも慣れないウィングバックだったようですが、最後にひと仕事しました。

カップ戦のグループステージ第2節でしたが、第1節から約半年後の開催でした。
(そして第3節はもう来週…)

ジャイアンツは1番抜擢の若林の先制タイムリーがあり、危なげなく勝ちました。
貯金は12と、順調に勝ち進んでいます。

なお坂本は2000本安打まであと83。
折にふれてカウントダウンもしてみたいですが、どれだけできるかな。

台風19号が接近中ですが、今日予定されていた横浜FC、ジャイアンツの試合はともに中止(順延)となっています。
すでに一昨日の段階でどちらも発表されており、早い発表でした。

ということで、初のF&G中止という、珍事となりました。

昨日ジャイアンツが勝っていれば、そもそも試合がなかったのですが、…それはまあいいか。

7年ぶりに10回の大台に乗ったF&G勝利です。

横浜FCは2度追いつかれるも、3点目を守って甲府との上位対決を制しました。
前節に得失点差ながら2位に上がりましたが、その順位を守りました。

ジャイアンツは3点差を一時追いつかれるも突き放して勝ちました。
これで2位とのゲーム差は3.5で、マジックは消えていますが地道に前進しています。

シーズンも終盤ですが、このままどちらも押し切ろう!

先週に続いてのF&G勝利は、今年9回目です。

横浜FCは大量5得点を挙げて危なげなく勝ちました。
現地観戦しているので、詳細は後日。

ジャイアンツは延長11回に、代打石川のサヨナラ2ランで勝利し、5年ぶりのマジック点灯です。
マジックは20でまだ先は長いですが、ゴールが見えてきました。

点を取り合うもつれた試合で、帰宅した時点でまだ試合は終わっておらず、テレビでサヨナラホームランを見ることができました。

2012年以来となる、年8回目のF&G勝利です。
両チームとも状態がいいので、必然的に回数が増えてくれています。

横浜FCは、前半のうちに3点をあげ、ホームで強い琉球からしっかり勝ち点3を取りました。
連勝は前節で止まったものの、反動はなさそうです。

ジャイアンツは先に4点をあげて逃げ切り。
一時は2位に0.5ゲーム差まで詰められましたが、持ち直して5.0ゲーム差まで広げ返しました。

両チームとも目標達成へ、まだまだ勝っていきましょう!

7日に続く今年7回目のF&G勝利で、回数は早くも昨年に並びました。

横浜FCは天皇杯ですっかり定番となったターンオーバーで、7日の試合から11人全員を入れ替えての試合となり、大学生相手に先制を許すも90分のうちに逆転勝ちしました。

なお7日の先発メンバーのうち、松尾だけは先発出場しました。
ただし相手チームとして、という珍事でした。

ジャイアンツは9連戦の最終戦、序盤に奪った4点を守っての勝利。

マシソンを上がりとし、終盤は3点差ながら坂本、丸を下げて休ませながらも逃げ切りました。
これで2位に9.5ゲーム差をつけてオールスター休みです。

先週に続く、今年6回目のF&G勝利です。
東京に勝ち、横浜に勝っての達成という、過去1度もない組み合わせともなりました。

横浜FCは3得点での勝利で、今季初の連勝です。
前節の5得点がただの偶然でなかったのを示せました。

これでシーズン折り返しで、勝敗としてはちょうど5割。
この2試合で巻き返すきっかけは作れたので、あとはどこまで続けられるかです。

ジャイアンツは7連勝となり、貯金は15、2位とのゲーム差はこの一週間で5も広がり、7.5となりまた。
あまりに展開が急すぎて、独走と言い切っていいのかよく分かりません。

今年5回目のF&G勝利です。

横浜FCは、後半に4得点を奪っての勝利です。
こちらは生観戦したのでまた後日。

ジャイアンツは交流戦明け初戦を山口の7回無失点の好投と、7回以降に4点をあげる攻撃で突き放して勝ちました。
これで2位と2.5ゲーム差に広げました。

試合開始は同じ18時、のはずが秋田が雨で開始が30分ずれ、その結果帰宅後にジャイアンツの勝利も見ることができました。

↑このページのトップヘ