よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログ記事を内容ごとにまとめたリストをサブブログに、ブログで記載の難しいデータなどを資料室に掲載しています。

タグ:エルゴラッソ

2006年、2019年とJ1昇格の際にエルゴラッソを買いましたが(2019/12/1記事)、この3年の間にJ2は基本電子版だけになってしまったようで、昇格が絡んでも特例はありませんでした。

電子版での特集はありましたが、お金払ってそれだとちょっとねえ…。

ちなみに昇格の号外が当日に神奈川新聞から出ましたが、こちらも電子版だけ。

自分で印刷するのもなんか違うしで、今回は手元に昇格記念のものは無しとなりました。

25日に、昇格記念にスポーツ紙でも買おうかと思ったのですが、今回は一面に持ってきたところがなく、27日のエルゴラを買うだけになりました。

2006年は優勝にもかかわらず扱いが小さかったので、今回も小さかったら買うの止めるところでしたが、2位ながら一面に大きく出ていたので購入しました。

ということで、前回と今回の紙面の比較を。
エルゴラ比較

左が今回、右が前回です。
今回は中面にも見開きで記事があるので、前回に比べ大幅増しです。

なお今年のはカズと抱き合う南が大きくついていますが、前回のには別のページに失点して天を仰ぐ柏時代の南の写真がありました。

優勝の翌日、どれくらい記事が出ているか何紙か確認してみました。
浦和が優勝を決められなかったので、サッカーネタではトップ扱いしてくれるチャンスでした。

スポーツ紙はニッカンとスポニチが一面に載せてきました。
一般に売れるようカズを前面に出したものですが、それでも一面は画期的です。

一般紙は読売と朝日。
どちらも希望ヶ丘に取材に来ていたので期待して見たところ、読売の横浜版に店内の写真が着いていました。

店内なので、自分は写らずちょっと残念。
朝日の神奈川版は希望ヶ丘でなく、もうひとつのサポーターの集まる場所である横浜駅西口の「サクセス」の写真でした。

サッカー紙のエルゴラッソは、単なる試合結果に若干の追記程度。
一番期待していたのですが、大ハズレでした。

今日付の特集記事もわずか1ページ。
意外とケチ!

↑このページのトップヘ