よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどを資料室に掲載しています。

タグ:クビ

ベイスターズのグリエルが来日を拒否し2日にクビになりましたが、チームの広告からはすぐに消すこともできず、その姿が見られました。
写真は市営バスのバス停の広告です。
グリエル広告(2015/4/3)

ちょうど同じ考えで写真を撮っている人がいたので、一緒に入れてみました。

それにしても、キューバにもこういうワガママなのがいるんですね。

なおジャイアンツのセペダはちゃんと来てプレーしているのでその点ではいいものの、いい加減ヒットの1本くらい打ってほしいんですが

このオフ、ベイスターズに東野と岡島の入団が決まりました。

最近、ベイスターズに元ジャイアンツの投手の入団が多く、入来、藤井、林、尚成ときてさらにこの2人です。

でも、入来と藤井はクビ、尚成も今年0勝で崖っぷち
東野もこのラインに乗りそうな気がして仕方ありません。

ベイ投手陣は元G投にとってそういう場所になってしまうんでしょうか?

よそのチームの話ですが、今日の報知のサイトより。

J2鳥取は17日、今季指揮を執った吉沢英生前監督(40)が来季からヘッドコーチに就任すると発表した。
新監督には元日本代表DFの小村徳男氏(43)の就任が決まっている。

元横浜FCの小村が監督就任したかと思ったら、ベンチに去年の監督と今年の監督がいるという驚きの体制。
任期満了扱いとはいえ、クビ相当の監督をコーチに残すってどうなのこの人事?

それともまさか小村監督は飾りで実質吉沢体制継続なのか…
選手も困りますねこれ。

26日は横浜FCの契約非更新選手が発表された一方で、ジャイアンツからは再契約の話が。
ボウカーが契約を更新しました。

打率2割にも満たない助っ人を普通ならクビにしますが、ポストシーズンで働いたのと、どうせまた新しく採ってきても似たようなものでしょうから、これはこれでいいのかなと。

似たようなもの、というのは最近新入団の外国人で、日本の他球団の経験がない野手で丸2年以上ジャイアンツでプレーしたのは、1996年のマックが最後。
つまりこの16年、期待はずれで1年でクビになった外国人ばかりだからです

しかも左打ちとなると、なんと1990年のクロマティ以来です。

あ、クロマティ以来といっても、あくまで来シーズンフルにプレーして丸2年なので、途中でクビになったりしないように

↑このページのトップヘ