よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどをメインページに掲載しています。

タグ:ユニホーム

今日も橙魂ユニで試合したジャイアンツはサヨナラ勝ち
昨年から勝率がいいというのが売りの一つですが、マリーンズ相手には通算3試合目でようやく勝ちました。

昨年のと今年のでは白い部分の入り方が違うのですが、さらに違うのは背中のローマ字。
アルファベットが背番号の上に円弧状に並んでいるのではなく、直線状になっています。

こっそりと新しい試みですかね。
円弧状のは背番号とアルファベットが空きすぎているので、これのほうがすわりがよく見えます。

通常のユニホームでも来年以降やってみていいかも。

今年の横浜Mのユニホームを見たら、ANAのロゴがないですね。
とうとう15年目にしてユニホームスポンサー降りましたか。

これでますますあの合併の意義が薄れてきました。
やっぱりスポーツを自社の宣伝にしか考えてない会社ですからね。

先日、大株主からライオンズを売れと言われても拒否した西武ホールディングスの姿勢を見習ってほしいもんですな。

昨日までの3連戦でセ・リーグでは全チーム復刻ユニホームで試合をしていました。

ジャイアンツは1981年の復刻ユニホームだったわけですが、そのデザインが違和感大あり
相手のベイスターズのは特に違和感なかったですが。

まず胸の数字(背番号)が「GIANTS」の文字から離れすぎ。
背中の名前のアルファベットもサイズ(幅)が小さく、背番号との間が開きすぎ。
左袖の「YOMIURI」の文字もなんか貧弱だったし。

ちゃんと仕事しようよアディダス

当時を知る身としては、このユニホームだけ見せられたら、「これニセモノだろ!」と絶対疑いますね。

今年の3rdユニホーム初観戦です。
「GENOVA MATCH」ということで、大量の招待があったようで、1万人近い観衆となりました。

横浜FC 3-1 鳥取

メンバー:先発
FW:大久保 カイオ
MF:高地 八角 中里 野崎
DF:阿部 堀之内 ペ 杉山
GK:シュナイダー
終了時
FW:田原 三浦
MF:武岡 八角 中里 大久保
DF:阿部 堀之内 ペ 杉山
GK:シュナイダー
試合風景(120722)

前半は鳥取の前線からのプレスに苦しみ、ペースをつかめません。
中盤から後ろでのパスミスも目立ち苦しい展開でしたが、高地がそれを打開する、フリーキックで先制!

本人はクロスのつもりのようでしたが、GKがキャッチを狙って前に出た裏をつく形で決まりました。

後半には、鳥取側がオフサイドの判定に抗議する間にプレーを再開、守備が手薄なところを攻め上がり阿部がゴール!

鳥取にしてみれば、全体的には悪くないのに隙を突かれて2失点という、去年までのうちがやっていたような展開。

その後すぐに1点返されるも、さらにすぐさま野崎がゴールを決めてまた2点差、そのまま逃げ切りました。

とはいえシュートもかなり浴びましたし、大久保を活かす攻撃も少なく、攻守とも反省点は多い内容。
それでも悪いなりに勝ち点を拾えたとも言えるので、今後には生きる試合にはなりそうです。

鳥取戦観戦通算:1勝1敗0分


初めての地方開催試合の観戦です。
いかにも地方球場、という光景が随所に見られましたが、それはまた別途。

スワローズ 2-0 ジャイアンツ
勝:村中、負:澤村、G本塁打:なし
試合風景(110729)

G先発メンバー
1[遊]坂本
2[右]大村
3[左]ラミレス
4[中]長野
5[捕]阿部
6[三]フィールズ
7[一]小笠原
8[二]寺内
9[投]澤村

試合前、キャッチボールで谷と鈴木がコーチを相手に3人1組になっていました。
なぜ選手同士でキャッチボールしない?と思っていたら、コーチと思われたのは寺内でした。
ユニホームが届かなかったそうで、1回裏の守備は背番号76でプレー。

幸い、2回表の第1打席ではユニホームがあったらしく、本来の00を着てきました。

試合は、相変わらず打てず完封負け。
ポップフライ連発で、これは個人の能力の無さの問題です。
今年は打線はもうこのままかな。

援護に恵まれなかった澤村、初回に2点を失うも、その後は抑えて、気づけばスワローズは1番の青木に第4打席が回りませんでした。

野手陣のしょぼさに、座った席からちょうどよい角度で見えたブルペンの救援陣の姿をしばし眺めていました(苦笑)。


4日の試合で、鳥取はセカンドユニホームでしたが、その色は写真のようにライトグレーに紺と黄緑。
試合風景(110504)

これを見て連想したのが写真です。
JR北気動車 (2009/1/12)

JR北海道の一般型ディーゼルカーとよく似てます。
横浜FCと同じhummelということより、こちらに頭がいってました

アウェイ札幌戦ではウケがいいかも。

先日来た、横浜FCレターの選手集合写真を気づいたこと。

今年のユニホームは肩の付近に羽をイメージした模様がありますが、その羽の模様の位置がランダムでした。
全員、模様が微妙に違います

普通の服ならそういうのもありますが、ユニホームでは珍しいですね。

昨日、鳥取の今年のユニホームが発表されました。

鳥取は横浜FCと同じヒュンメル製。
去年のデザインは横浜FCの色違い、という感じだったので今年はどうか、というと、やっぱり横浜FCの色違い。

肩の辺りのラインは、不死鳥の羽をイメージしたものということで横浜FC向けデザインかと思っていたのですが、鳥取も同じでした

同じユニホームサプライヤーだとデザインが同じ、というのは他のメーカーでもあることではありますが…。

↑このページのトップヘ