よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどを資料室に掲載しています。

タグ:名称

上野東京ラインが開業して1ヶ月が経ちます。
来月には宮城に「仙石東北ライン」もできますし、JR東日本のお気に入りの名付け方になってきましたね。

さてこれで横浜~大宮間は湘南新宿ラインとの2系統になりました。

その名称を比べると、前者が「上野」と「東京」という短い区間なのに対し、後者は「新宿」と「湘南」とずいぶん距離があり、同じような名付け方ながらアンバランスです。

湘南新宿ラインができたときは、湘南エリアから新宿まで乗り換えなしで行けるのをアピールしたかったのでしょうが、新たに運行に使うようになった区間は恵比寿~西大井だけでしたし、「湘南新宿ライナー」をわざわざ改名させてまで付けた名前ですし、今となってはどうなんだろと。

17日にJ3の参加クラブが正式に発表されY.S.C.Cは名称が「Y.S.C.C.横浜」になっていました。
これは予想外のネーミングです。

Yは横浜の略なので、横浜がダブることになりますが、Y.S.C.C.で一つの固有名詞と割り切っている感じです。
まあ、これはこれでいいかなと。

エスパルスも、エスは清水の頭文字の意味を含んでいるので、それに近い感じでしょうか。

名称でもう一つ注目は、J3は「Jリーグ ディビジョン3」ではないところです。
リーグのロゴも色違いのを使うようですし、微妙な位置づけですね

来年から始まるJ3にY.S.C.Cが参加しますが、Jリーグのサイトを見てもチーム名はこの通称を使っています。
確かに真面目にチーム名書くと長すぎるので、このままいくんでしょうか?

となると、一見しただけではどこにあるクラブか分からないチーム名となりますね。

あえて短くするなら横浜S.C.Cとかでしょうが、マリノスと横浜FCの区別がつかない市民も多いらしいのに、横浜FCと横浜S.C.Cなんて区別つかないでしょうね。

その意味ではY.S.C.Cがむしろいいのかもしれません。

↑このページのトップヘ