よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどをメインページに掲載しています。

タグ:展望

千葉・銚子の旅の初日、犬吠駅から歩いて犬吠埼灯台へ。
灯台:犬吠埼

灯台を上がって、海の展望を。
君ケ浜海岸と、中央に小さく銚子ポートタワーが見えます。
犬吠埼の展望

ポートタワーからも海の展望が楽しめますが、今回はここだけ。
(2015/5/1)


神戸・淡路の旅の3日目、展望台に上がるのに利用したエスカヒルです。
写真は下るときですが、この長さが売り物です。
エスカヒル

ここも16年前と同様、特に変わった感じはありませんでした。
ただ全体的には観光客は少ないようで、展望台に行く途中にあるはずのレストランなどは閉鎖されていました。

渦のピークでない時間ということもあり、使っている人がいない写真となりました。
(2013/7/29)

神戸・淡路の旅の3日目は、レンタカーで淡路島へ。
といってもメインは鳴門の渦潮になるんですが。

県境の大鳴門橋を越えて、鳴門公園へ。
エスカヒルを使って、展望台から大鳴門橋を眺めます。
大鳴門橋(2013/7/29)

ここへ来るのは16年ぶり。
大鳴門橋[1997年](1997/8/15)

16年前と比べてみましたが、特に違いはありませんでした。

各地の橋

旅行で何度か利用している羽田空港ですが、毎回ほぼ素通りだったので先日ターミナルビルをじっくり回ってみました。

といっても、普段使うのは第1ビルだけなので、今回もこちらだけ。
第2ターミナルは、主に使う航空会社を使いたくないのでまず行かないでしょう。

写真は展望台からの風景です。
羽田第1展望台(2013/8/25)

奥に国際線ターミナルがあります。
海外へ行く気はないので、ここも使うことはたぶんないなぁ…。


神戸・淡路の旅の2日目は、最初に大阪へ。
通天閣に上ります。

2010年に来た時は時間がなく外観を見ただけでしたが、この日は入場待ち50分ながら待ちました。
列が通天閣の中に延びていて、その途中に展示物があったためそれほど飽きずに済みました。

展望台、といってもそれほど高さがなく、しかも近くのビル「あべのハルカス」のほうが高かったりします(写真)。
通天閣展望

展望台によく見られる、目立つ建物や山などを示すパネルもあったのですが、そこには「天保山」の案内が(写真)。
通天閣パネル

天保山なんて見えないだろ!と突っ込みたいところですが、大阪ならではのシャレでしょうか。
(2013/7/27)

北九州の旅の最終日は、再び門司港へ。
昨日は天候があまりよくなかったためパスした和布刈公園の展望台へ向かいます。

まずはバスで和布刈公園前へ。
地方のバスでは小銭の用意が欠かせないのですが、この路線は西鉄バスのためsuicaも使うことができ、楽に乗れました。

バスを降り、第二展望台まで坂道を約15分ほど登ります。
休日だと展望台まで来るバスもあるのですが、平日のためこうするしかありません。

写真は第二展望台展望台からの風景です。
関門海峡
各地の橋

関門海峡と関門橋が一望できます。
橋は正面方向に近いので見づらいですが。

さてここは第二展望台ですが、第一展望台はどこなのか?というと地図にも無く、謎です。

観光はこれで終了。
午後は北九州空港へ移動し、飛行機で帰路につきました。
(2011/9/5)

3日目は車で旭川から北上します。
途中休憩を入れつつ、15:30頃サロベツ原生花園に到着。
サロベツ

しかし、この日はあいにくの天気で霧もかかり、雄大な展望は楽しめず。

このあとはさらに北上し、稚内へ。
(2010/7/27)

↑このページのトップヘ