よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどをメインページに掲載しています。

タグ:市営34系統

ニッパツ三ツ沢球技場の横に建設されていた市民病院が、5/1に開業(移転)するそうです。
まさか、こんな大変な時期に移転が重なるとは想像もしていなかったでしょうが…。

これに合わせて、病院への足となるバスも5/2から変更が生じ、34系統が平日の昼間に市民病院経由となるそうです。
三ツ沢総合グランド入口のバス停の手前で、従来経路から寄り道する形で市民病院を経由することになり、新たな役目が増えました。

もともと三ツ沢総合グランド入口に入るところでは、変則的な左折をしていましたが(2008/9/13記事)、また新たなパターンの発生です。

ただ、試合のある土日や平日夜は従来通りのルートなので、その姿を確認するのは別の時でないとできなさそうなのがちょっと残念。

8/30は、三ツ沢に行くのに横浜駅からバスを使いました。
ここで乗ったのは、かつて通学で使ったことのある横浜市営34系統です。

34系統の三ツ沢総合グランドのバス停は、他の路線のバス停と異なり、バス停の手前で右折したところにあり、歩道橋を渡らないと三ツ沢公園に入れない位置にあります。

で、右折、と書いたのですがその交差点にさしかかっても右の車線に寄らず、右折する気配がありません。
あれ?と思ってるうちに通過。
そのまま他路線用のバス停へ。

やっちまったかこの運転手?と思ったその瞬間、バス停を通過し左折。
ロータリー状になっている道をくるりと回り、今来た道を横切り本来のルートの道路に入りました。

つまり右に90°でなく、左に270°回ったのです。
そんなトリッキーな走り方があるとは…!

昔はそんなことしてなかったはずですが。
もっとも、その頃から20年近く経過してる事実もあるのですが…。

↑このページのトップヘ