よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどをメインページに掲載しています。

タグ:得点

今年最初のF&G勝利です。
横浜FCはここ数年4月の成績がよくないので、4月中旬で達成できただけもよしというところです

松下のフリーキックからオウンゴールを誘発しての得点で逃げ切りましたが、1日の試合での松下の怪我が重傷でなくてよかったです。
今年も重要な得点源となりそうです。

ジャイアンツはプロ初登板・初先発の田口がボテボテの内野安打で決勝点をあげての勝利。
本業でも7回1失点の好投でプロ初勝利となりました。

打線の低迷は続いていますが、勝ち星は拾えているのでしばらく我慢の展開ですかね。

戸塚区民デーで、1万人を超えれば最終節も招待ということでしたが、9千弱止まりでした。
天気も雨は降らず悪くなかったんですが。

横浜FC 0-2 ファジアーノ岡山

先発
FW:黒津 小池
MF:内田 松下裕 寺田 松下年 
DF:永田 ドウグラス 野上 西嶋
GK:南
終了時
FW:黒津 野崎
MF:小池 小野瀬 松下年 寺田 市村
DF:ドウグラス 松下裕 野上 
GK:南
試合風景(141109)

前半からミドルも交えよく攻めていましたが得点には至らず、逆にあまりピンチもない中でミドルをうまく決められ後半へ。

後半も悪くはなく、途中から3バックに切り替え人数をかけるも逆にミスからボールを奪われ失点。
終わってみればシュート17本と、珍しいくらい攻めたものの敗戦となりました。

シーズン中盤くらいまでなら、こういう負けもあるよと切り替えたいところですが、これでプレーオフ進出の可能性消滅となるとそうも言えないのがつらいところ。

一言でいえば決定力ですが、そこを来年どう強化しますかね。
ということで結局、今年は観戦6試合で1得点に終わりました。

岡山戦観戦通算:3勝1敗0分


5月にしては寒い気温の中、熱い試合をというところでしたが、なかなかそうはいかず。

横浜FC 0-2 京都

先発
FW:ホナウド 野崎
MF:飯尾 松下裕 寺田 小野瀬
DF:永田 ドウグラス 野上 市村
GK:渋谷
終了時
FW:ホナウド 黒津
MF:野崎 松下裕 寺田 野村
DF:小池 ドウグラス 野上 市村
GK:渋谷
試合風景:140506

前半は裏を突く動き、後半は3バック気味にしてサイドからと崩す意図はしっかり見えたものの、結局シュート自体は3本で、決め手ないまま終了。

最後はドウグラスを上げてパワープレーもやりましたが、それも効果なし。
そもそも2点差でやってもねぇ、というところでした。

これで観戦3試合得点なし。
せめて得点見たいなあ…。

京都戦観戦通算:0勝3敗1分


行きのバスがいつもより空いていたので、もしかして観客少ない?と心配しましたが、5千人台だったので普通には入りました。
試合前に母校のブラバン演奏がありましたが、その分はまた別途。

横浜FC 0-1 岐阜

先発
FW:パク 野崎
MF:内田 佐藤 寺田 小野瀬
DF:永田 ドウグラス 野上 小池
GK:南
終了時
FW:パク ホナウド 黒津
MF:佐藤 寺田 飯尾
DF:永田 ドウグラス 野上 小池
GK:南
試合風景:140413

開始早々にPKを取られ先制されますが、徐々にボールを持てるようになります。

でも、攻守の切り替えが遅く、シュートの少なさは相変わらず。
この日の攻撃陣は昨年からのメンバーが主体でしたが、中身も昨年のままでした。

ペナルティエリアでボールを受けても安易にパスを選択したり、ゴールまで5mほどのところでパスを受けてわざわざ利き足に持ち替えてシュートしようとしてその間に止められたり、きれいに決めようとしすぎです。

3試合連続無得点で、そろそろサポもヤバいかと思いましたが、幸い試合後も特に騒ぎは無し。
攻め方にちょっと発想の転換も必要かも。

岐阜戦観戦通算:1勝1敗0分


BSスカパーでの観戦。
アウェイでしたが、実況がDJジャンボ、解説が城と完全に横浜な放送席でした。

試合は前半にカイオ、大久保が決定的なシュートを外すちょっといやな展開。
と思ったら、後半の選手交代でこの2トップを永井、田原に代えてしまいました。

山口監督にしては珍しい2トップ入れ替えでした。
しかしセットプレーから田原がヘディングで先制点を挙げ、そのまま逃げ切り勝利!

これで最低ラインの6位以内を決めました。

試合後のインタビューでは、自身のゴールがオウンゴールになったのを知って「抗議します」と顔を曇らせていた田原でしたが、その後田原の得点と認められました。
報われて良かったですね

2位目指して、最終戦もゴール頼むぞ!

↑このページのトップヘ