よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどを資料室に掲載しています。

タグ:故障

先日、家のインターネットがつながりにくくなり、プロバイダのせい?と思っていましたが日に日に頻度が高くなり、これは家の中の配線か?ということで調べました。

その結果、戸外から来ている配線の途中にあるハブが怪しいと分かりました。

以前も別のハブが劣化して壊れたことがあるので(→2013/12/2記事)またか、と思ったのですが今度は本体でなく、電源アダプタの故障でした。
テスタでDC側のコネクタを当たったところ、抵抗値ゼロ…って、ショートしてた?

これでよく動作が不安定で済んでいたのか謎です。
最悪、発火しても不思議じゃありません。

このコネクタは切り落とし、別のコネクタを無理やりつなげてハブを復活させました

8台目のデジカメを使って2ヶ月になりますが、7台目のFinePix F70EXRは下取りに出しました。

買い換えた理由は、壊れてきたためです。
液晶画面が一部点灯しなくなり、ズーム操作のレバーも効きが悪くなり、写真を再生モードに切り替えてもすぐに撮影モードに戻ったりと不都合が増えていました。

富士フィルム製はこれが2台目でしたが、最初も壊れて買い換えたので、耐久性の面ではどうなのか?というところですが、4年間ずっと使えば壊れても仕方ないかもしれないし、この辺は微妙です。

ちなみに下取りは下手したら引き取ってもらえないかも、というところでしたが、無事金額がつきました。

10月に、Nゲージ車両の故障(→10/28記事)があった頃、PCがネットになかなかつながらないということがありました。

ハブから2台のPCに分配しているのですが、もう1台は正常。
ということはPC側のLANカードか?というところですが、ハブを介さずつなぐと正常。

どっちのせいだ?となり、古いハブのほうを買い換えました。
すると正常になり、一件落着

よく見たらハブは10年以上前の製品。
たぶん、ICかコンデンサが劣化したのでしょう。

なお現在、7台目デジカメも操作ボタンの効きが悪く、そろそろ寿命かもというところです。
2008年に腕時計、スマホ、マウスが同時期に故障した(→2008/8/2記事)のに続く故障ブームになっています

マウス、スマートフォンに続き壊れたのが時計。
太陽光発電なのですが、夜中のうちに時計が狂うようになって、どうも充電する2次電池が怪しく修理に出しました。

案の定2次電池交換ということになりましたが、この時計買って3年半ほど。
それでだめになるということは、普通の電池式と大差なく、太陽光発電の意味が薄いぞ…。
メーカーも引け目があったのか?無償対応でした。

さて短期間にいろいろ壊れたので記念撮影(?)。
(故障3兄弟)

ただしマウスは買い換えたあとのものです。

2週間ほど前、マウスが反応しなくなりました。
光学センサがおかしいようで、いろいろな物の上で試したのですがダメ。

唯一動いたのは裏返したマウスパッド。
ならばとりあえずそれでしのげば、と思われるかもしれませんが、マウスパッドの裏は滑りにくい材質なので、マウスが動かせません。

ということで新しいのを購入。
今度はレーザー式にしてみました。
これがどのくらい持つか…。

というのも実は光学マウスは3台使ったのですが、およそそれぞれ3年、1年、3年で故障。
特に荒っぽい使い方してないんですが。

ちなみに新しいマウスはホイールで横スクロールができるというもの。
面白そうなので選んだのですが、…まだ1度も出番なし(笑)。

↑このページのトップヘ