よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどをメインページに掲載しています。

タグ:新幹線

北海道新幹線の部分開業まで4か月余りとなり、E233系の車内モニターでも広告を見かけるようになりました。

今回の開業は新函館北斗までですが、この駅名、何で「新」がつくのかよく分かりません。
ただの「函館北斗」があるわけでもないのに。

元の仮称「新函館」を引きずってるんでしょうけど、そのせいで無意味に長ったらしい名前になってます。
こんなところでもやることのチグハグぶりを見せているJR北海道。

2/28の読売新聞サイトより、スピードアップの話。

JR東海は27日、2015年春から東海道新幹線の最高速度を現在の時速270キロから同285キロに上げると発表した。
東京―新大阪間の所要時間(最速2時間25分)は2~3分短くなる見通し。

15km/h上げてたった3分ですか
もっとも285km/h出せる区間はいくらもないでしょうから、こんなもんなのでしょうけど。

3分のために投資するなら、今はリニアにお金をかけたほうがまだいいと思いますが。

山形の旅の最終日、山形からつばさ号に乗って帰ります。

天童ではつばさ号も普通列車もホームは共用でしたが、山形では中間改札もある専用ホームからつばさ号は発車します。

しかしホームに停まっているつばさ号を見ると、ホームとドアのすごい段差が
山形駅ホーム

専用ホームなんだから、ホームかさ上げしなさいって。
20年この状態なのか…。
(2012/8/13)

3月末をもって、十和田観光電鉄が廃止となりました。

この路線には、1度だけ十和田湖の旅の際に乗っています。
写真の車両はすでに走ってないものですが。
十鉄

廃止の理由は、東北新幹線の青森延伸で在来線からの乗り換え客が減って、ただでさえ経営が苦しかったのがさらに悪化したためです。

新幹線では、平行在来線の経営に関しては一応議論されますが、こういう路線までは構ってくれないようで。

まだ新幹線の建設はあちこちで続いていますが、何でもかんでも作りゃいいってもんじゃないんですが。
少なくとも長崎や札幌は要らないですね。

なつかしの鉄道

17日のダイヤ改正を前に、東海道・山陽新幹線の100系、300系が引退となりました。

回数こそ多くありませんが、いずれも旅行で乗った車両です。
写真は米原で撮影した100系です。
JR100系 (1989/8)

写真は新横浜で撮影した300系です。
JR300系 (2002/5)

300系は初めて新幹線で270km/h運転をして、「のぞみ」に使用された画期的な車両ですが、高速化を優先したあまり、先頭の形状がのっぺりしたデザインとなってしまい、個人的にはイマイチな車両でした。

なつかしの鉄道(JR)

ちょっと前にマウスが壊れたので、新しいのを買いました。

色がメタリックの緑で、何かに似ているなと思いながら使っていましたが、ついに分かりました

新幹線はやぶさに使われているE5系です。

比べてみよう、ということでちょうど手元の時刻表の表紙がE5系だったので、上に乗せて撮ってみました。
マウスと時刻表

…だいぶ丸みに差はありますが。

福島の旅の最終日は行程上は帰るだけ。
福島駅から新幹線に乗ります。

福島新幹線ホームには、12番線があります。
(12番線:福島)

ここから新幹線に乗るのは、あの忌まわしき(笑)、2009年の北斗星の大遅延(→2009/1/15記事)による乗り換え以来です。

ここで最後のお楽しみ。
早めにホームに行き、この日は神宮で試合のあるジャイアンツの選手が移動するところを見ようというものです。

その前にやまびことつばさの併結を見物、と思ってホームに行くと、ちょっとした人だかりが。
何かと思ったら、原監督がいました。

原監督はつばさを併結するやまびこに乗車。
そのあと、併結を見物しました。
つばさ併結

引き続き、選手を待ちます。
(2011/7/30)

↑このページのトップヘ