よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどをメインページに掲載しています。

タグ:昇格

昨日、横浜FCのJ1復帰が決定!

前回は、希望が丘でテレビを見ながら待ちの昇格決定でしたが、今回は分かりやすく、現地観戦で勝って決定です。

試合そのものは後日ということで、まずは喜びの選手たちを。
昇格2019

カズも後輩を肩車してノリノリです。
ついでにまさかの「みちのくひとり旅」熱唱のボケまで入れてくれましたし

いろいろ盛り上がっているうちに、あっという間に1時間経ってました

昨日、入れ替え戦で勝ってシーガルズのなでしこリーグ2部昇格が決定!

試合の時間はちょうどクラブメンバーミーティング中でしたが、まさに吉報でした

さてクラブメンバーミーティングでも少し話題になりましたが、来年の試合会場はどうなるでしょう?
J1、J2、J3、なでしこ2部と市内だけですべてまかなえるかどうか。

横浜FCが日産スを使うとか、シーガルズが市外でホームゲームするとかをせざるを得ないかもしれません。
あるいは、横浜FCとシーガルズの三ツ沢同時開催を増やすか。

そうなったら、せっかくなので愛媛との試合は男子(J2)、女子(なでしこ2部)とも一緒に組んだら面白いかも。

引き分け以上で事実上、なでしこ2部昇格が決まるプレーオフ最終戦をかもめパークに見に行きました。

試合前:151024

ベンチ部分にテントが立てられていましたが、なぜか傾いてました。
今このタイミングで「横浜で傾いたものが立っている」というのはいかがなものかと。

横浜FCシーガルズ 1-5 セレッソ大阪堺レディース
シーガルズ得点:田中(景)

シーガルス先発
FW:田中(唯) 吉田(瑞)
MF:石原(愛) 山本(絵) 中居 藤掛 
DF:山本(茄) 田中(景) 宮下 石原(美)
GK:浅利

試合は押し気味でしたが、前半に1失点、後半にミドルを決められ2点差となるとカウンターへの対処ができなくなり、失点を繰り返す展開となって思わぬ大差となりました。

まだ入れ替え戦での昇格の可能性は残っているので、この失敗を活かしてほしいところです。

横浜FCもなかなか勝てませんが、もっと勝てないのはJ1、J2に昇格した四国の2チーム。

J1徳島は9連敗で、勝ち点どころか得点も取れず失点ばかりが続く状況。
2007年のうちよりも厳しいです。

昨年の大分も含め、プレーオフ組が振るわないとJ2の制度にも影響しかねないかも。

J2讃岐は引き分けはあるものの、勝利は無し。
とはいえあさっての讃岐の相手がうちなので、ここはもう1試合だけ、おとなしくしておいてもらいたいですが(苦笑)。

天皇杯もあって間が開きましたが、7日はF&G勝利の達成日でもありました。

通算76回目ですが、10月の達成は実は史上初です。

横浜FCはついにプレーオフ圏内の6位に入り、2位とも勝ち点差3と、自動昇格もまだまだ残り5試合で狙えます!

ジャイアンツはシーズン最終戦をサヨナラ勝ちと、両チームとも今後の戦いに向けて勢いのつく勝利でした

3ヶ月ぶりのF&G勝利達成で、今年初めて現地観戦日ではありませんでした。

7月以降、横浜FCの状態が良くなったのと反対にジャイアンツの調子が落ちてかみ合いませんでしたが、ようやく達成です。

ジャイアンツは残り17試合で首位と2.5ゲーム差、横浜FCは残り13試合で昇格圏まで勝ち点10とともに厳しい状況ですが、これでひっくり返したらカッコいいぞと、少し気楽な気持ちも持ちつつ見ていこうかとも思ってます。

試合終了後は優勝セレモニー。

まずは選手がスタンドの通路を登り、あらかじめメインスタンドに用意してあった簡易表彰台でJリーグ杯の受け取り。
城が高々と掲げます。
(表彰式)

続いて選手が場内を1周。
旗を持って、歓声に応えます。
(場内1周)

ゴール裏に来たところでサポーターMVPの表彰のため一旦停止。
MVPに選ばれたのは城。
かなりハイテンションなようで、マイク片手にサポーターと「ヨ・コ・ハマ!!」コールまでやってました。

これで選手は引き上げましたが、ゴール裏はもう一度城を呼ぼうとマスゲームで背番号「9」を作り、「城彰二」コールを始めます。

でも、聞こえてないんじゃないの…、とコールしながら半信半疑でしたが、出てきました城、エライ!

最後までサポーターに付き合ってくれてありがとう!
これこそキャプテン!

最終戦(→12/9記事)の前、三ッ沢上町駅には優勝を祝う横断幕が写真のように掲げられていました。
(横断幕)

綱島モールなどにも同じように掲げられているようですが、こちらははまりん入りで独自性をアピールしています。
綱島モールなどの写真は、『広報「つぼね」ブログ』に掲載されています。
(自分で各地をあちこち回るのは省略します)

三ツ沢では、入場口で風船を配布。
選手入場時にみんなで飛ばしてお祝いしよう、という企画です。
(風船)

ただ、この風船、待ち時間の間にぽろぽろと飛んでいくのがあったり、なんかの拍子に割れたりと選手入場まで持つのかいなと余計な心配しましたが、写真の通り鮮やかな光景となりました。
(2006/12/2)

↑このページのトップヘ