よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどを資料室に掲載しています。

タグ:月食

19日に部分月食がありましたが、ピークの時間(18時過ぎ)に月を見ることができず1時間後くらいにちょっと欠けたのを見るにとどまりました。

ただそもそも、普通の三日月と月食って見た目でなんか違うのかが分からず、ネットで検索しても発生するメカニズムの説明はあっても見た目の説明にはたどり着けませんでした。

で、天文系に詳しい友人に聞いてみたところ、違いは3つだそうなので、せっかくなので書いておきます。

光っている部分の端どうしを結んだ線が三日月は直径になるが、月食はそうとは限らない。

三日月は縁がはっきりしているが、月食はぼやけている。(地球の大気による太陽光の拡散のため)

三日月の光ってない部分はほぼ真っ暗だが、月食は赤っぽく光る。(地球の大気による太陽光の屈折のため)

このうちはブラッドムーンの原理そのものなので、そういえばそうだったと思い出しました。

昨日の夜は2014年10月以来の皆既月食ということで、今回も写真を撮りました。

ブラッドムーン2018
[2018年1月]

前回を振り返ると、天気の都合で完全に皆既月食となる前までしか見えていなかったので、やっと見れたことになります。

ブラッドムーン
[2014年10月]

比べてみると、隠れていく方向(わずかに明るい部分)が違っていますね。
今回も前回同様、シャッター速度は1秒で撮りました。

8日の皆既月食の写真を撮りました。
といっても、完全に皆既月食になる前に雲が出てきてしまったため、その直前です。
ブラッドムーン

それでも、だいぶ赤くなってましたので、今回はこれで良しとします。
普通の満月だとシャッター速度は1/1000程度で撮れますが、今回は1秒まで落としました。

ちなみに、英語だと「ブラッドムーン」とも言うんだそうです。
(この日の朝テレビで言ってた受け売りです。)

おとといの月食を撮影してみました。

写真は22:20頃、写真は22:40頃です。
真上に近い位置だったので傾いている気がしますが、とりあえず撮ったままで。
月食1
月食2

欠け始める前はシャッター速度を1/1000程度に設定しておけばよかったのが、欠けるにしたがって露出不足になり、1/100まで落としました。

ただ正直、月食と通常の三日月の区別が見ただけじゃよく分からないんですが

参考に2007/9/28記事に載せた、ほぼ満月の写真も載せておきます。
月

なお今回のほうがぼやけて見えるのは、雲が薄くかかっていたためです。

↑このページのトップヘ