よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどをメインページに掲載しています。

タグ:栃木シティ

ここ2年ネタにしてきた栃木シティですが、今年のメンバーを見てみると、藤田祥が抜け、高地が引退してコーチ就任となり、元横浜の加入はなく選手で残ったのは阿部とコーチ兼任のシュナイダーの2人に減りました。

年齢的に、今後元横浜を意識的に集めるのはもう厳しいですかね…。
このネタもお預けになりそうです。

昨年、元横浜が多いと書いた栃木シティですが、今年のメンバーが発表され、その傾向が続いています。

松下裕が引退したものの、阿部巧が加入しています。
さらに横浜でコーチ経験のある中村敦監督が就任。

極めつけはGKコーチにシュナイダーが就任し、さらに兼任で選手登録までして、現役復帰というネタまでつけてくれました。
選手登録は、万が一のGKの人数不足対策だとは思いますが。

これは来年も確認しないといけなさそうです。

25、26日は天皇杯1回戦も行われて、横浜FCの2回戦の相手が仙台大に決まりました。

1回戦の結果を見ている中で気づいたのが、ブリオベッカ浦安の監督が元横浜FC監督の都並でした。
関東リーグのチームとはいえ、指導者に戻れていたんですね。

関東リーグには、4/6に記事にした栃木シティも所属しており、直近のリーグでの試合が浦安対栃木でした。
しかも栃木の監督が岸野に代わっており、まさかの元横浜FC監督対決に。

前監督のヨンデは、就任からわずか4試合でクビになってました。
北九州、富山でもコーチとして成績が良くなかったので、指導者としては今後厳しそう…。

関東リーグがちょうど今日から開幕のようですが、昨年優勝の栃木シティ(昨年は栃木ウーヴァ)のメンバーを見ると、だんだん横浜色が強くなっています。

昨年、高地と野崎が入ったのでちょっとは気にしていましたが、今年は野崎が引退して抜けたものの、藤田祥と松下裕が入り、監督は鄭容臺が就任しました。

ただ強化担当のトップが岸野という時点で、偶然こうなったわけではないのはとりあえず感じました。

↑このページのトップヘ