よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどを資料室に掲載しています。

タグ:粘り

巡り合わせの都合で、まさかのベイスターズ観戦3連戦。
全部球場が違うのでこれもよしとします。

ジャイアンツ 2-0 ベイスターズ
勝:西村、負:モスコーソ、セーブ:マシソン
G本塁打:なし

G先発メンバー
1[中]長野
2[右]橋本
3[遊]坂本
4[捕]阿部
5[一]ロペス
6[三]村田
7[左]矢野
8[二]片岡
9[投]小山
試合風景:140913

投手戦となりましたが、小山がピンチで踏ん張り7回を0点に。
2月に沖縄で見たときは単調に打たれてましたが、粘れるようになりました。

そして8回に2死からチャンスを作り、長野の2塁打で2点を挙げ、そのまま勝利。
長野は試合前のシートノックも受けておらず、状態は良くないと思われますがここ一番の仕事をしてくれました。

観戦3連戦の最後を何とか取って、これでマジックは13。
チームも5連勝です。

昨年ほどの余裕はありませんが、粘り強い戦いができており、ゴールが見えてきました。


昨日の試合で、ジャイアンツが2年ぶりの交流戦優勝を決めました!
その間にリーグでも首位に立ち、2年前の5冠に再挑戦する体制ができました。

投手は内海の離脱があり、打線は1ケタ安打が続き、優勝を狙えるようなチーム状態ではありませんでしたが、しぶとく白星を拾っていき優勝までたどり着きました。

特にバファローズ戦で10回まで無安打、イーグルス戦で8回まで1安打に抑えられながらどちらも勝つという粘りを見せました。

その分、特に活躍したという選手がおらず、MVPがどうなるのかが注目です。


↑このページのトップヘ