よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどを資料室に掲載しています。

タグ:英語

16日にルス前監督の事を書いた際、通訳まで変わっていたことも書いたのですが、その後の情報ですでに監督辞任前から変わっていたみたいです。

監督と通訳の意思疎通ができてなかったってのは致命的ですね

ただ、代わりの通訳が英語の通訳だったというのが。
わざわざスロベニア語の通訳を連れてこなくてもよかったとは。

英語なら簡単なやり取りは直接選手ともできるだろうし、チーム状態が極端に落ちるまでは何とかなっていたのでしょうね。

初のマリンスタジアム。
「球審敷田」に期待しましたが、1塁塁審でした。

マリーンズ 6-2 ジャイアンツ
勝:石川、負:菅野
G本塁打:横川1号

G先発メンバー
1[右]長野
2[二]片岡
3[遊]坂本
4[左]セペダ
5[一]ロペス
6[捕]阿部
7[三]村田
8[中]鈴木
9[投]菅野

菅野はエラーに端を発し大量失点。
これで菅野登板試合を見るのは3度目ですが、勝ちは無し。
うーんうまくいかないですね。

気分転換に、1塁塁審込みの写真を。
試合風景:140524

鈴木が3年ぶりのスタメン出場に開始前はどよめきも起きましたが、結局2打席で交代。
ただ、鈴木に代わる代打横川がホームラン。

さらにセペダのタイムリーと、終盤点を取れたことで少しは気が収まりました。

セペダの時の応援は他の外国人選手と同じような感じで英語を使うのが多いのですが、セペダって英語どのくらい分かるんでしょ?
野球用語以外は、日本人より英語知らない可能性もありそう。


↑このページのトップヘ