よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどを資料室に掲載しています。

タグ:記事2017.6.15

先日、球団の連敗記録を作ってしまったジャイアンツですが、昨日はセ球団初の記録を作りました。

山口俊→マシソン→カミネロとつないで、継投でのノーヒットノーラン達成です

交流戦では、プロ初打席でサヨナラホームラン(2008/6/6記事)、完全試合まであと1人から四球を出してのノーヒットノーラン(2012/5/30記事)といった珍しい記録が多いですが、うーんなぜなんでしょう。

ジャイアンツ・杉内が今日のイーグルス戦でノーヒットノーラン達成!

といっても、あと1人で完全試合というところまでいきながら、四球を出して達成ならず、という素直に喜びきれない、非常に珍しいノーヒットノーランでした。

ジャイアンツ勢のノーヒットノーランを見たのは過去31年間で2度目。
その1度目は槙原の完全試合でしたから、いわゆるノーヒットノーランとしては初めてでした。
やっぱりなかなかないものですねえ。

巨人戦が終わったらブログ書こう、と思って書く内容も決めていたのに、その試合がとんでもない終わり方をしました。

10回裏に、表の守備から出場した加治前が、日本プロ野球史上初のプロ初打席サヨナラホームラン

ただのプロ初打席ホームランなら駒田とか(そういえば同じ背番号50)いますが、サヨナラとなると、そもそもそういう大事な局面で1度も打席に立ってない選手を普通試合に出さないので、確かに過去いないのもうなずけます。

これで明日のライトスタメンは隠善でなく加治前で決まりですね。

(以下2008/6/7追記)
と思ったら先発でなく、守備固めだけ。
8回裏代打でウェーティングサークルまで行ったのに、急遽清水に代打変更。

普通、「代打、清水」でウワーっと沸くのに、加治前が出てくると思っていたお客さんは肩透かしを食らって拍手はまばら。
妙な空気でしたね。

↑このページのトップヘ