よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどを資料室に掲載しています。

タグ:駅舎

千葉・銚子の旅の初日、銚子に到着後は銚子電鉄に乗り換えます。

JRのホームの先端に銚子電鉄のホームがついており、専用の駅舎も建っています。
銚子駅(2015年)(2015/5/1)

18年ぶりに来ましたが、駅舎自体の変化がちょっと痛々しいものでした。
風車の羽根がなくなり、建物の外装も特に手入れしてない模様。

写真が18年前の姿です。
銚子駅(1997/9/10)

銚子電鉄の経営の苦しさそのまま、といったところです。

このあと電車で犬吠まで移動します。

京急新線レイアウト内の駅舎の改造をしました。

駅舎は手元にあったトミックスの高架駅Aを地上駅に使います。
駅舎とホームは直結するため、まず駅舎にホームへの通路となる部分の穴を開けました(写真)。
N:高架駅加工

改札とホームの段差は、もともとの階段を途中までは活かして、そこから上は撤去してプラ板でふさぎました。

こうしてホームと並べたのが写真です。
N:駅舎内部

階段は一部をプラ板を使ってスロープとしました。

ただ高架駅Aは約30年前の製品を使ったので、まだ改札が有人改札仕様です。

いつかは自動改札に改造したいと思いますが、それはまだ当分先かな…。

北九州の旅の初日、黒崎から折尾へ移動、ここからバスで本城陸上競技場へ向かいます。

折尾駅では駅舎を撮影。
折尾駅舎

ここの古い駅舎は有名ですが、それだけだとありふれているので、バス乗り場近くの案内板も入れてみました。

バス車内ではアウェイ客を狙っているのか、北九州市を紹介する放送が流れました。

でも地元の北九州サポもそれなりに利用していると思うので、そういう人には毎回聞かされるとうっとおしいかも。
(2011/9/3)

車で旭川に移動してきましたが、夜食事の際に駅に立ち寄ったので1枚。
雪をかたどった看板がなかなかきれいでした。
旭川駅(2010)(2010/7/25)

2002年にも来ているので、そのときの写真をあさったら駅を撮ったのがありました。
旭川駅(2002)(2002/7/30)

駅舎自体は同じですが、看板がずいぶんごついものでした。
駅は今、高架化工事をしているので、いずれ来るときはまた違う姿かもしれません。

↑このページのトップヘ