よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどを資料室に掲載しています。

タグ:高校野球

高校野球で、駒大苫小牧高校が連覇。
これは、57年ぶりという快挙。
去年の北海道勢初優勝もすごかったですが、これまたすごいことをやってのけました。

数年前までだったら、北海道勢が近畿勢に勝っただけでもニュースになったのに…。

連覇は、特定の個人の能力の高さではなく、チームとしてのまとまりの勝利でしょう。
やっぱり野球は団体競技だ~。

ですよね、ジャイアンツの皆さん。(^^;

昨日は高校野球神奈川県予選決勝を見に横浜スタジアムへ。

試合は決勝戦にありがちな、投手の連投の疲れから来る乱打戦になり、桐光学園が勝利。
県予選でも、優勝のシーンっていいですね~。
(桐光優勝)

慶応が守備のとき、タッチアップがあるたびにアピールプレイをするのがセコかったですが。

終了後は、早くも号外が球場外で配られていました。
でも、中身はスコアはあるものの文章では試合の具体的な説明はなく、試合が始まる前から最初から用意されていたんでしょうね。

で、このあとはカズの横浜FCでの練習初日を見にしんよこフットパークへ。
妙なはしごです。

高校野球で、駒大苫小牧高が優勝。昨年、東北高が準優勝したことで「優勝旗が白河の関を超えるか」がひとつ注目されていたのに、白河どころか津軽海峡まで一気に越えてしまいました。

地元神奈川の横浜高が準々決勝であたったとき、つい「これなら準決勝に行けそう」と思ってしまいましたが、ここで横浜高に完勝したことで「ひょっとしてこのチーム、強いのか?」と初めて気づかされ、決勝も乱打戦の末競り勝ちました。

ただ、大味に見えるこの試合も、バントで確実に走者を進めて得点に結び付けており、基本ができていることがやはり大事なのだと認識させられました。

最近プロ野球では、バントでアウトをやるのはつまらないという意識ができて、ただ打つだけの、飛ぶボールでホームランばかりの上にいざというときバントのできない、お粗末な試合が多いのとは大違いです。

↑このページのトップヘ