よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどをメインページに掲載しています。

タグ:DH大谷

今日はMLBのオールスターがあり、大谷の二刀流に注目が集まりましたが、その中で大谷用にオールスター限定のDH特別ルールができてしまったのが何よりすごいです。

DHは投手の代わりに打つ選手ですが、DHとして登板する投手をそのまま使ってもいいとは、よく考えましたね。

ソフトボールみたいに、投手以外の守備の選手の代わりにDHを使っていい、とかは昔に考えましたが(2013/7/21記事)、この発想はありませんでした。

というかむしろ、これをDHのルールとして正式化してもいいのでは。

以前見たのでは、U-18の国際大会でDH制ながら、高校世代では打撃のいい投手がいるためDHが生かされてないことがあったので、このルールがあったらいいなと。

昨日はベストナインの発表があり、パ・リーグではファイターズの大谷が前代未聞の投手とDHでのダブル受賞に。

って、実はダブル受賞が可能なように今年から選考制度が変えられていたそうで。
1選手の活躍が制度を変えてしまう、というと1988年にオールスターの外国人枠を変えた呂明賜以来!?

1人が2つの枠で選ばれるのに違和感のある人もいるでしょうが、パでは便宜上「ベストナイン」というものの実際は毎年10人が選ばれていたのが今年は9人になったので、それはそれである意味いいのかも。

オールスターは第2戦まで終わりましたが、第1戦ではファイターズの大谷が登板した後、レフトの守備につきました。

そのためDHが解除となり、セはDHなのにパがDHじゃないというあべこべ状態に

もともと指名打者制度が、大谷のような選手を想定してないルールですからね。
ソフトボールみたいに、投手以外のポジションでも守備専門にできて、その上でDHを置けるようなルールにすればいいんでしょうけど。

パ・リーグ独自ルールとして作りますか(笑)。

↑このページのトップヘ