よこはま12番線

横浜FCに旅とジャイアンツが絡むブログです。

ブログで記載の難しいデータなどを資料室に掲載しています。

タグ:NHK

今日の天皇杯決勝はG大阪が勝って3冠達成。
昇格プレーオフからの勢いに乗ってる山形でしたが、さすがに相手が悪かったというところでしょうか。

今週で、リーグ最終戦、天皇杯準決勝、プレーオフ決勝、天皇杯決勝と山形戦のNHKでの生中継は4週連続となりました。
J1クラブでさえ4週はまずないことですが、J2ではなおさらです。

これも天皇杯、プレーオフと勝ち上がってきたからこそではありますが。

NHKのデータ放送で、たまにプロ野球の速報や成績を確認したりします。

速報では、スコアとイニングが表示され、試合が終わるとイニングのところが「終了」となるのですが、引き分けの場合は「分け」になります。

なんで引き分けだと終了じゃないの?
それにせめて「引分け」と書くべきでは?
NHKがこの日本語の使い方どうなのよ。

他に投手成績では、防御率を小数点以下3桁まで表示しているのですが、3桁目がどの投手も0。
小数点以下2桁までしか計算してないだろこれ

サービス的なものとはいえ、やるならちゃんとやろうよ

横浜FCの2勝目で、今季2度目の達成です。
横浜FCはBS-1、ジャイアンツは総合と、どちらもNHKの中継で観戦でした。

横浜FCは昨年1度もなかった、先制されての逆転勝ち。
というか、調べたらなんと2008/4/19の岐阜戦以来。
ちょっと久しぶりすぎですねぇ

ジャイアンツは内海の好投で完封勝ち。
内海の悪いときはボール先行の投球で、四球か甘い球を打たれるのがパターンですが、今年はボール球を打たせる投球ができています

変化球のキレが今年はいいのでしょうか。
統一球をうまく味方につけたのかもしれません。


セ・リーグのクライマックスシリーズのファイナルステージが終わりました。
結果はおいといて(苦笑)、テレビ中継でいろいろありました。

ファーストステージの第1戦は、NHK-BSの104chで中継で、おそらくどうやれば見れるか分からない人が続出したでしょう。
翌日は104chの合わせ方を知らせる1分間の番組までやってました。

で、チャンネルのせいか、映像が微妙に荒かったです。

第2戦は、NHK-BS-Hiで映像自体は良かったようですが、カメラの明るさ調整が悪く、画面が明るすぎてタイガースのユニホームの縞模様とか飛びまくり。
外野の芝生もほぼ白く映って、ボールがどこにあるか分からず。

ファイナルステージの第4戦は、第3戦終了時点では東海地区以外、BSを含めてもテレビ中継の予定なし。
NHK-BSですらやらないのか?と不満でしたが、幸い翌朝にはフジテレビで中継が急遽入りました。

でも、その中継が途中で音声切れまくり
普段中継やらないからこうなるんだなきっと。

それにしても、「クライマックスシリーズのファイナルステージ」とか、そもそも名前長すぎ。

先週末のナゴヤドームの試合(ベイスターズ戦)をNHKで2度中継していたので、ジャイアンツ戦の合間に少し見たのですが、なぜか画面は4:3、しかも明らかに画質が悪い…。
アナログ放送用の古いカメラで中継してましたねこれは。

名古屋には機材が不足しているのか?といえばそうではなく、その前のジャイアンツ戦はちゃんと16:9の画面でした。
視聴者にデジタル対応にしろという前に、番組もデジタル対応にしてもらわないと…。

↑このページのトップヘ